メニューを閉じる →

朝日航洋とお客様とで作り上げてきた実績をご紹介いたします。

挑戦と実績

>お客様も当社も、「いい仕事をした!」と思えるものを・・・

お客様も当社も、
「いい仕事をした!」と思えるものを…

朝日航洋は、航空事業と空間情報事業の2本立てで事業展開し、
産業航空分野の開拓や国土開発事業の一端を担ってきました。
その貴重な経験を通じ、日々、お客様からの安心・信頼を積み重ねています。
ここでは、お客様と二人三脚で作り上げてきた実績をご紹介します。

- 不可能を可能に -
魔の山「富士山」に挑む

- 不可能を可能に - 魔の山「富士山」に挑む

世界の気象観測史上、類を見ない快挙とされた、
富士山頂気象観測所の建設工事。

日本列島を台風から守るため、標高3,776メートルの富士山頂に重さ600キロの巨大レーダーを設置することは、常識破りのプロジェクトでした。富士山頂付近は乱気流が渦巻く世界有数の危険空域であることに加え、高山病をはじめとする多くの困難が山積していました。
それだけに、特に工事のスピードが求められ、ヘリコプターは大きな活躍を果たしました。

1963年、当社(当時社名:朝日ヘリコプター株式会社)はシコルスキーS62Aを投入し、このプロジェクトに参加。地上では900キロを吊り下げるこの機体も、3,700メートルの高地では600キロを吊るのは理論上不可能でした。しかし、『不可能を可能にしたい』――この思いを胸に、運命の設置工事に臨みました。

翌年8月15日7時40分、晴れ上がった青空に向け、富士宮へリポートから軽量化の為ドアも副操縦士席も外したS62Aはドームを吊ったまま舞い上がり、見事、8時13分、設置完了。以来、1999年に35年間の役目を終えるまで、日本の国土全体を「台風監視の砦」として休みなく見つめ続けました。
設置当時の情熱と諦めない精神は、今でも当社クルーの根底にあり続けています。

未体験の連続だった
青函トンネル坑内測量

未体験の連続だった青函トンネル坑内測量

世界最長となる青函トンネルを測量

かつては本州と北海道を結ぶ移動手段として青函航路(青函連絡船)が運行されていましたが、事故など航路の安定が脅かされる事態が相次いで発生。そこで1964年、津軽海峡の海底を貫く総延長53.85Kmの海底鉄道トンネル「青函トンネル」の建設が本格的に開始されたのです。

当社は渡海三角測量および渡海水準測量、坑内測量に従事しましたが、いずれも困難の連続でした。
特に坑内測量では、トンネル勾配1000分の12のすり鉢型で、海底部の延長が23.3Kmあるところを、貫通誤差10センチ以内に抑える必要があり、
格段に高い精度が要求されました。

そしてようやく迎えた1985年3月、世界最長となる青函トンネルが開通しました。
当社にとって、海底トンネル特有の測量技術を得たことはもちろん、世界各国から評価されたこの土木工事の一端を担えたことは大きな自信となっています。

世界最長となる青函トンネルを測量

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ