メニューを閉じる →

朝日航洋の空間情報サービス、海洋 | モービルマッピング(MMS)サービスは朝日航洋

海洋

海の資源を見つめなおす。海洋調査をサポート

海洋の環境は、資源開発や水産資源減少、海岸侵食、温暖化等、急速に変化しています。私たちは、測深機等の計測機器から海岸や海底地形の全貌を捉え、海洋の課題を解決するのに必要な基礎データを提供し、海洋環境の把握を支援します。

海岸・海洋深浅測量、海底地形調査

朝日航洋は、水域部の地形を把握するために、音響測深機や航空レーザ測深機(ALB)などを使用して海岸・海洋深浅測量及び海底地形調査を行います。
計測データは様々ノイズを除去し、モデリングにより高密度な海底地形モデルを構築します。構築された地形モデルは、海岸保全、航路や港湾施設の維持管理等の事業に有効な基礎資料として活用できます。また、定期的に地形計測を行い、2時期のデータを比較することで、堆砂、洗堀状況、防波堤、離岸堤等構造物の状況確認に活用することができます。
なお、航空レーザ計測による陸域の三次元データと融合させることで、「水陸シームレスな地形モデル」の構築ができ、津波防災等に役立てることができます。

関連システム:

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ