メニューを閉じる →

朝日航洋の空間情報サービス、防災 | モービルマッピング(MMS)サービスは朝日航洋

防災

地域防災をコンサルティング

住民の防災意識の啓発と高揚、事業者の説明責任を、空間情報技術を駆使したCG表現などで支援します。地域防災力向上のため、社会情勢や地形・気象条件の調査、GISを活用した訓練や防災計画コンサルティングを自治体単位で展開します。

防災ハザードマップ

住民ワークショップ

災害から地域の人々の命を守るためには、想定被害、避難場所、情報伝達手段等を示した防災ハザードマップを作成し、日頃から周知しておくことが重要です。朝日航洋には、地震、津波、洪水、内水、ため池、土砂災害等のあらゆる防災ハザードマップ作成の豊富な実績があります。
防災ハザードマップを作成する際には、航空レーザデータ等の詳細標高データを利用した被害予測シミュレーションを実施し、既存データを最大限に活用したGISによる編集を行い、避難に必要な情報をわかりやすく表現します。
朝日航洋は、地域の更なる防災力向上のために、防災ハザードマップの配布に加えて、防災ハザードマップ作成時の住民ワークショップ、作成後の説明会等を実施し、地域住民の安全確保向上を目指しています。

  • ハザードマップ作成事例

避難計画

住民参加の「まちあるき」による避難計画の検証

災害時に安全な避難を円滑に行うためには、日頃から避難計画を検討しておくことが重要です。
朝日航洋では、災害対策法の改正に準じて、災害種別ごとに緊急指定避難場所、指定避難所を精査するのはもちろん、GIS利用による要援護者避難計画の検討、地域の実情に合わせた避難判断基準の作成、住民参加の「まちあるき」による危険箇所の確認及び避難計画の検証等を行い、安全・安心な避難計画策定を実施しています。

  • GIS利用による要援護者避難計画の検討

  • 避難判断基準の検討

大規模盛土造成地調査

高度成長期の住宅需要の増大により、谷を埋め立て、あるいは傾斜地端部に大規模な擁壁等を施工して施設内を埋め立て造成地が作られました。それらの盛土造成地においては、地震時に自山と盛土の境界付近で地すべり的崩壊が生じるなど、土砂の流出による被害が発生しています。
朝日航洋は、点在する大規模盛土造成地を抽出し、その諸元を整理したうえで、滑動崩落の危険度を検討し、大規模盛土造成地マップ作成を支援します。

航空写真測量技術により培われた既存航空写真から数値標高データを抽出する技術により、盛土前の高精度数値標高データを抽出します。このデータ(精査のため過去2時期)と現在の航空レーザによる高精度数値標高の差分解析を行うことにより、高精度の切土、盛土のスクリーニングを行います。また、過去の航空写真から得られた盛土造成前の数値標高データと、現在(盛土造成後)の航空レーザの数値標高データを比較し、最も危険とされる切盛境を抽出したうえで大規模盛土造成地マップを作成します。なお、最も危険とされる切盛境は、盛土造成前後の数値標高データの比較(盛土造成前の数値標高データは伐開除根、表土所除を考慮し、取得データから、一律-30cmとする。)により、高精度に切盛境を取得します。

関連システム:

緊急輸送路等沿道通行障害建築物調査

連続立体図による現況調査

朝日航洋は、緊急輸送路の沿道建築物の調査を実施し、耐震改修計画策定を支援します。既存資料(固定資産等の建物データ等)を用いて、年代、構造、階層データ等をGISで解析することにより、緊急輸送路周辺の耐震改修の必要な建物を効率的に抽出します。

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ