メニューを閉じる →

朝日航洋の空間情報サービス、統合型GIS | モービルマッピング(MMS)サービスは朝日航洋

統合型GIS

使える、使われる地理情報システム

行政情報の8割以上が空間情報と言われています。私たちは情報を組織横断的に活用することで情報整備コストの低減、業務の効率化・高度化を可能とします。また、様々な行政情報をGISで分析し政策判断することで、市民ニーズに対応した総合的な行政サービスを実現します。

各種空間情報整備

空間データの整備には多額の投資が必要です。このようなコストの高い空間データは効率的に作成される必要があります。
似たような空間データが重複して整備されることを防止するのはもちろん、有効に利活用が行われるためには、整備される空間データの品質を慎重に検討する必要があります。
朝日航洋は、地理情報標準プロファイル(JPGIS)など標準化を意識しつつ、地理情報標準の策定に携わってきた知識や、豊富な導入事例による経験を生かし、できるだけ低コストで高度な利活用が図れる空間データを整備をご提案いたします。

統合型GIS構築

行政情報の8割以上が空間データと言われていますが、空間データの整備には多額の費用が必要です。重複投資することを防止し、整備した空間データを有効に活用できるようにすることが求められます。それらを実現するのが統合型GISです。統合型GISを組織横断的に活用することで空間データ整備コストの低減、業務の効率化・高度化を可能とします。また、様々な行政情報をGISで分析し政策判断することで、市民ニーズに対応した総合的な行政サービスを実現します。庁内の各部署が、空間データを効率的に活用でき、情報発信と共有、あるいは自部門の課題管理を行うことができます。
朝日航洋は、目的や環境に応じたGISソフトウェア導入と、空間データ整備のコンサルティングをご提供し、統合型GIS構築と効率的な業務改善を支援いたします。

1.統合型GIS 「Smart AiMAP Portal」
・アイマップポータルは庁内の誰もが簡単に使える統合型GISソリューションです。
・庁内の地図データを一元的に管理し、表示、検索、印刷、編集、分析、共有など地図データ利活用に関わる全てのニーズに対応いたします。また業務目的に応じたWebアプリケーションを簡単に作成できます。

2.庁内地図共有システム 「Smart ASSiSt X」(SAX)
・SAXは庁内での地図共用を目的としたシステム(LGWAN-ASP)で、Webブラウザのみで簡単に利用することが出来ます。
・基盤となる空間データ(DM、空中写真、住宅地図、地番図など)や、各部署の個別業務で使用されている空間データを庁内で共有し、簡単な操作で地図の検索、閲覧、印刷することが出来ます。

3.空間IT基盤 「GKAN」
・空間データの共有と見える化に重点を置いた空間データのカタログサービスです。
・パブリッククラウド(オープンデータカタログサイト)、LGWAN(庁内データ共有)に対応し他のGISと連携するGISサーバーとしての機能を有します。

4.オープンソースソフトウェア「QGIS」
・QGISは高機能なオープンソースのデスクトップGISです。
・予算を抑えてGISを導入したい、まずはGISがどんなものか使ってみたいというニーズに最適なソフトウェアです。

GIS運用支援

統合型GISを導入することがゴールではありません。
導入された統合型GISを有効活用し、業務の課題解決や高度化を図ることが求められ、それにより住民サービスの向上を達成することがゴールです。
その為には、システムの稼働を安定させ、利用のヒントを与え、利用される機会を増やしていることが重要です。
朝日航洋では、システム稼働のサポートなどの管理者支援から、ユーザへの操作研修、利活用提案など幅広いコンサルティングをご提供いたします。

➖データ利活用ワークショップ
・GIS、空間データへの理解を深めるため、行政職員や市民を対象として空間データを用いた参加型の課題解決ワークショップを開催します。
・地方公共団体が実際に保有する空間データを使ってワークショップを行い、データを用いた課題解決・政策判断のプロセスを参加者に体験していただきます。
・官民データ活用推進計画や、EBPM(エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング。証拠に基づく政策立案)に対応する人材育成をサポートいたします。

  • 利用状況レポート

  • データ利活用ワークショップの例

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ