メニューを閉じる →

朝日航洋の空間情報サービス、新エネルギー・石油・ガス | モービルマッピング(MMS)サービスは朝日航洋

新エネルギー・石油・ガス

パイプライン工事までの調査を迅速かつ効率的に

生活を支えるガス事業。私たちは、ガス導管建設工事における調査を、リモートセンシング技術を活用し、短期間に効率的に支援します。さらに、海底パイプライン敷設に伴う海洋調査では海底面、地層探査を実施しルートの健全性を評価します。

風力発電設置検討支援

朝日航洋は、風力発電施設の設置検討のために、地形条件、環境条件、法規制等を分析する事業化可能性調査をご提案します。地形条件は、陸上では航空レーザ計測技術、洋上では音響測深(スワス測深)技術を用いて、3次元でデータ取得を行うため、イメージパースの作成、設置箇所、輸送路や土量算出などが自在に検討できます。
また、インフラドクターによる風力発電関連部材(ブレードや支柱)や輸送車の3Dモデルを点群上に搭載し、輸送時の交差点や山道等での部材干渉をシミュレーションすることにより、効率的な輸送路のルート検討を支援します。さらに、3次元空間での寸法計測が可能となるため、建築限界や道路幅員の確認、離隔調査を机上で実施できます。

海洋エネルギー開発事業のための海洋調査

再生可能エネルギーでは、海洋エネルギーの活用が叫ばれています。海洋におけるエネルギー開発は、洋上風力発電を始め、潮流発電、波力発電、海洋温度差発電等と試みられている発電方法も多岐に及びますが、これらの開発事業において海域の検討には海洋調査が必要となります。
朝日航洋は、その開発事業の海域の特徴や事業規模に合わせたアプローチでソリューションを提供します。具体的には航空画像解析、スワス測深、サイドスキャンソナー、ADCP、海底地層探査等の技術で、そのシーンに合わせた調査を実施します。
朝日航洋は、他社に無い海洋計測技術で、海洋開発における調査を、効率的に支援します。

海底ルート調査・ケーブル等敷設検討支援

電力及びガスまた通信におけるケーブルやパイプラインの海底ルート調査や海底ケーブル等の敷設検討のために、海底地形条件や海底地層条件、潮流条件を取得します。なお、地層条件は、国内では数少ないチャープ方式による500Hzという低周波域での地層探査が可能で、高分解能な海底下地層データを取得します。また、従来探査できなかった浅海部に対しても高いデータ取得能力を発揮します。
朝日航洋は他社に無い海洋計測技術で、海洋開発における調査を、効率的に支援します。

パイプラインルート調査支援

ガス事業におけるパイプライン設置のために、MMS計測技術等による高精度測量技術を用い、敷設ルートの検討支援やパイプライン設計のための調査を実施します。
特に、MMS計測技術においては、絶対位置精度10cm以内の路面オルソ画像(解像度は2.5cm)の作成が可能です。その路面オルソ画像(1/500)から地図データ作成し、地下構造物表示、マンホール表示、路面表示された設計用基本図を高精度、短工期にて作成できます。また、設計や建設を支援するデータとして、レーザーデータによる車道内、道路外の3次元データを作成します。
朝日航洋は高精度な計測技術でガス事業に貢献します。

関連システム:

ルートシミュレータ

ガス事業におけるパイプライン設置のためのルート検討にルートシミュレータを提案します。
通常、ルート検討には、道路幅員や迂回路検討、交通量、夜間工事の可否、橋梁・添架箇所の回避等、検討事項が多くあります。ルートシミュレータは、幅員・種別・歩道・交通量等から適切なルートを算出します。
また、Googleマップをベースとしているため、日頃のインターネット利用と変わらない操作性で活用して頂けます。
朝日航洋は高精度な計測技術でガス事業に貢献します。

関連システム:

全国送電線検討支援

再生エネルギー事業における送電線路のためのルート検討では、火力、水力、原子力発電所、変電所、開閉所の位置及び系統の空き容量等、検討事項が多く、多大な労力を要していました。
朝日航洋は、ルート検討に必要な各施設・空き容量等を可視化、編集、分析できる地理情報システム(GIS)を構築して、業務の効率化をご支援いたします。

屋根点検UAV撮影調査

朝日航洋は、構造物・屋根の劣化、タンク内の腐食点検診断の効率化、省力化、高度化を目的として、UAV(ドローン)による撮影調査を実施します。また、UAVで取得した画像を有効活用できるよう劣化判定ツールを用い効率的に支援します。

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ