メニューを閉じる →

空間情報事業 | 測量調査・地理情報は朝日航洋

朝日航洋の空間情報事業

朝日航洋の空間情報事業高精度な空間データを様々な業種に活用

朝日航洋の空間情報事業 高精度な空間データを様々な業種に活用

朝日航洋の空間情報事業高精度な空間データを様々な業種に活用

空間情報事業では、音波や電磁波といった最先端のデジタルセンサーを用い、使用目的に合った計測技術(航空レーザ計測、
モービルマッピングシステム、海底探査など)と解析技術と融合させた高精度な空間データを作成・提供しています。
これらのデータは、道路、上下水道、ガス、電気といったインフラ整備に活用されているほか、ハザードマップや
避難経路の位置情報など防災支援の分野にも広く役立てられています。
また、地図を通して固定資産評価ができるシステムでは業界のリーディング企業でもあります。

固定資産や公共資産事業をはじめ、農地・都市計画といった暮らしを支える行政サービスを、リモートセンシング技術やGIS等の空間情報技術を活用して支援しています。

リモートセンシング技術と地形解析技術による、災害原因調査や対策をはじめ、地形などの基礎データをご提供します。

道路・鉄道・電力といった日々の暮らしに欠かせないインフラの維持管理を空間情報技術を活用しサポートしています。

空間情報事業の技術について

注目事業

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ