メニューを閉じる →

「空飛ぶクルマ」実現に向けた実証(大阪府公募案件)に参画し採択されました|ドクターヘリ・空撮・UAS・インフラ関連なら朝日航洋株式会社

新着情報

2021.09.09 お知らせ

「空飛ぶクルマ」実現に向けた実証(大阪府公募案件)に参画し採択されました

朝日航洋株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:尾暮敏範)は、この度「空飛ぶクルマ」の実現に向けた大阪府公募案件にて、三井物産株式会社、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、Terra Drone株式会社と共同で「エアモビリティ統合運航管理プラットフォーム事業」を提案し、2021年8月27日に事業採択されました。

 

【プロジェクト名称】

エアモビリティ総合運航管理プラットフォーム事業

 

【プロジェクト概要】

都市部における空飛ぶクルマを活用した輸送サービス を大阪で実現する為に、空飛ぶクルマ、ヘリコプター、ドローンなど多種多様な機体が混在している状態で安全かつ効率的な飛行を実現する運航管理が重要となります。

それぞれの運航管理システムを連接させたエアモビリティ運航管理プラットフォームの確立を目指すべく、今年度はヘリコプター、ドローンによる実証実験を行い、協調的な統合運航管理システムの検証を行います。

 

朝日航洋は新ビジネスとして注目される「空飛ぶクルマ」において、国の官民協議会や「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」の参加企業となります。

本プロジェクトをはじめとした空飛ぶクルマ分野に、今後も朝日航洋は「空にさきがけ、未来をひらく」を念頭に積極的に関与して参ります。

 

関連URL①:「空飛ぶクルマの実現に向けた実証実験」に対する補助金の交付を決定しました

URL: https://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=42150

 

関連URL②: 空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル

URL: https://www.pref.osaka.lg.jp/energy/evtol/index.html

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ