メニューを閉じる →

令和3年7月梅雨前線に伴う大雨による被災地の航空写真|ドクターヘリ・空撮・UAS・インフラ関連なら朝日航洋株式会社

新着情報

2021.07.06 災害調査支援

令和3年7月梅雨前線に伴う大雨による被災地の航空写真

 活発な梅雨前線に伴い、令和3年7月1日からの大雨により、静岡県や神奈川県をはじめとした各地域で土砂災害が発生しました。被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げ、1日も早く元の生活を取り戻せますように祈念いたします。
 朝日航洋株式会社(代表取締役社長:尾暮敏範、本社:東京都江東区)は、アジア航測株式会社(代表取締役社長:小川紀一朗)と共同で、被災地の状況を把握するため7月6日に緊急撮影(斜め撮影)を実施しましたので、その一部を掲載いたします。

静岡県熱海市伊豆山周辺

  • No.8204 伊豆山で発生した崩壊地源頭部とその上流域(静岡県熱海市) 崩壊地の上流側は岩戸山が位置している。 No.8204 伊豆山で発生した崩壊地源頭部とその上流域(静岡県熱海市) 崩壊地の上流側は岩戸山が位置している。
  • No.8212 伊豆山で発生した大崩壊地の源頭部 住宅地のすぐそばで大規模な崩壊が発生し、道路が寸断されている。崩壊土砂の大部分は下流へと流出している。 No.8212 伊豆山で発生した大崩壊地の源頭部 住宅地のすぐそばで大規模な崩壊が発生し、道路が寸断されている。崩壊土砂の大部分は下流へと流出している。
  • No.8229 伊豆山で発生した大崩壊地 大崩壊により大量の土砂と樹木が斜面から流出している。 No.8229 伊豆山で発生した大崩壊地 大崩壊により大量の土砂と樹木が斜面から流出している。
  • No.8239 逢初川の砂防堰堤付近の渓流内状況 渓流内を土砂が流下、砂防堰堤は土砂で埋まり、その上部を乗り越えている。 No.8239 逢初川の砂防堰堤付近の渓流内状況 渓流内を土砂が流下、砂防堰堤は土砂で埋まり、その上部を乗り越えている。
  • No.8244(拡大) 逢初川の砂防堰堤拡大図 崩壊に伴う大量の土砂により砂防堰堤が埋まり、乗り越えた土砂は下流に流出している。 No.8244(拡大) 逢初川の砂防堰堤拡大図 崩壊に伴う大量の土砂により砂防堰堤が埋まり、乗り越えた土砂は下流に流出している。
  • No.8261 逢初川の人家等範囲直上流の渓流内状況 渓流内を流下した土砂は、人家等付近から堆積開始している。 No.8261 逢初川の人家等範囲直上流の渓流内状況 渓流内を流下した土砂は、人家等付近から堆積開始している。
  • No.8275 逢初橋やや上流側の状況 人家等付近から土砂堆積開始し、流下幅が拡大している。 No.8275 逢初橋やや上流側の状況 人家等付近から土砂堆積開始し、流下幅が拡大している。
  • No.8281 逢初橋付近の土砂流下・氾濫状況 流下した土砂により逢初橋が流失し、土砂は渓流内を流下している。 No.8281 逢初橋付近の土砂流下・氾濫状況 流下した土砂により逢初橋が流失し、土砂は渓流内を流下している。
  • No.8297 JR東海道本線より上流側の被災状況 道路を流下した土石流により近接した家屋が被災した。 No.8297 JR東海道本線より上流側の被災状況 道路を流下した土石流により近接した家屋が被災した。
  • No.8251 東海道新幹線、東海道本線、国道135号付近 土石流は鉄道路線下を流下し、国道135号を横断して、漁港付近に至る。 No.8251 東海道新幹線、東海道本線、国道135号付近 土石流は鉄道路線下を流下し、国道135号を横断して、漁港付近に至る。
  • No.8320 伊豆山漁港、JR東海道線新幹線付近の被災状況 土石流はJR線下の道路沿いに流下し、漁港付近へ至る。 No.8320 伊豆山漁港、JR東海道線新幹線付近の被災状況 土石流はJR線下の道路沿いに流下し、漁港付近へ至る。
  • No.8352 被災地全景(伊豆山漁港沖から岩戸山方向) 写真左端にJR熱海駅、海岸線沿いに熱海ビーチラインが横断する。 No.8352 被災地全景(伊豆山漁港沖から岩戸山方向) 写真左端にJR熱海駅、海岸線沿いに熱海ビーチラインが横断する。

横浜横須賀道路 逗子IC付近

  • No.8401 横浜横須賀道路・逗子IC入口付近の道路法面 崩れた土砂が上下線を塞いでいる。 No.8401 横浜横須賀道路・逗子IC入口付近の道路法面 崩れた土砂が上下線を塞いでいる。
  • No.8406 横浜横須賀道路・逗子IC入口付近の道路法面  土砂崩れにより、撮影時点では復旧に相当の時間がかかる見通し。 No.8406 横浜横須賀道路・逗子IC入口付近の道路法面  土砂崩れにより、撮影時点では復旧に相当の時間がかかる見通し。

東名高速道路 沼津IC~裾野IC間

  • No.8371 東名高速道路(沼津IC~裾野IC間) 上り線の法面が数十メートルにわたって崩れ、上り線は撮影時点で通行止めとなっている。 No.8371 東名高速道路(沼津IC~裾野IC間) 上り線の法面が数十メートルにわたって崩れ、上り線は撮影時点で通行止めとなっている。
  • No.8376 No.8371と同じ箇所を正面から撮影 この時点で下り線の通行止めは解除されている。 No.8376 No.8371と同じ箇所を正面から撮影 この時点で下り線の通行止めは解除されている。

撮影位置図(掲載写真)

  • 静岡県熱海市伊豆山周辺 静岡県熱海市伊豆山周辺
  • 横浜横須賀道路 逗子IC付近 横浜横須賀道路 逗子IC付近
  • 東名高速道路 沼津IC~裾野IC間 東名高速道路 沼津IC~裾野IC間

撮影位置図(全写真)

  • 静岡県熱海市伊豆山周辺 静岡県熱海市伊豆山周辺
  • 横浜横須賀道路 逗子IC付近 横浜横須賀道路 逗子IC付近
  • 東名高速道路 沼津IC~裾野IC間 東名高速道路 沼津IC~裾野IC間
※掲載している以外の写真については、お問合せください。

※写真の二次利用について
お問合せいただいた後、「肖像・著作物_写真データ使用申請書」に記入いただき、電子メールもしくはFAXにてお送りください。

※更新履歴
7/6 一部画像を公開
7/6 コメント追加、撮影位置図追加
7/7 撮影位置図更新
◆著作権について
当ページで公開している文書及び画像の著作権については、全て朝日航洋株式会社およびアジア航測株式会社に帰属します。
当ページで公開している文書及び画像を無断で転載、複製、販売、出版、公開等に使用しないでください。

◆免責事項について
当ページの公開にあたり、正確な情報をご提供するよう細心の注意を心掛けておりますが、内容の正確性・妥当性についての責任は一切負いませんので、予めご了承ください。
当ページで公開している文書及び画像を利用することにより、利用者に生じた全ての損害について責任を負いかねます。
当ページで公開している情報が、明らかに間違っている場合は訂正、削除等の処理を行いますので、お手数をお掛け致しますが下記までご連絡をお願い申し上げます。

◆お問い合わせ先
朝日航洋株式会社 空間情報事業本部営業企画部
〒350-1165 埼玉県川越市南台3丁目14番地4
電話番号:049-244-4817
FAX番号:049-246-7299
 

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ