メニューを閉じる →

朝日航洋の鮮度・精度の高い高速道路空間情報

データ販売コンテンツ

MMS高速道路
アーカイブデータ

長年培ってきた測量技術と地理情報システムのノウハウを活かし、鮮度・精度の高い高速道路空間情報(道路情報、位置情報)を低コストで提供します。

MMS高速道路アーカイブデータ

MMS高速道路アーカイブデータとは

MMS高速道路アーカイブデータは、高精度計測車両(MMS)により取得された情報を低コストで提供するライブラリサービスです。
高精度計測車両にはGPSや各種センサーを搭載されており、走行調査をおこなうことで、道路周辺の情報を一度に収集しています。測量技術を活かして収集された鮮度・精度の高い高速道路空間情報(道路情報、位置情報)は道路周辺の基盤情報となり、道路管理業務や防災業務等に活用できます。

MMSとは

高精度計測車両(MMS)は、位置情報を正確に取得するGPS/IMUの他に、ハイビジョンカメラ、レーザースキャナを搭載しています。さらに、制御装置を車輪と連動させることで、走行しながら様々なデータ取得が可能となった高機能計測車両です。GPS・動画・レーザデータといった豊富な情報を組み合わせることで、より効率的で利便性の高い道路管理が可能となります

MMSとは

整備範囲

MMS高速道路アーカイブデータの整備範囲は、北海道から沖縄県までの高速道路及び都市高速道路、各道路に接続している一部有料道路です。

■データの取得範囲
各データの取得範囲は、以下のとおりでICやJCT、SAPA内のデータも提供いたします。

  本線 IC / JCT / SAPA
前方画像 本線: IC / JCT / SAPA:
レーザ 本線: IC / JCT / SAPA:
全方位画像 本線: IC / JCT / SAPA:×
位置情報 本線: IC / JCT / SAPA:

整備範囲

  • コンテンツ01 前方画像

    コンテンツ01

    前方画像

    解像度:
    2448×2048(pixel)

    画素数:
    500万画素
  • コンテンツ02 レーザデータ

    コンテンツ02

    レーザデータ

    測定距離:
    30m (Max80m)

    ショット数:
    13.5kHz
  • コンテンツ03 全方位映像

    コンテンツ03

    全方位映像

    解像度:
    1600×1200(pixel)×6

  • コンテンツ04 全方位映像

    コンテンツ04

    全方位映像

    位置精度:
    0.5m(XY Position)

    位置精度:
    0.5m(Z Position)

活用事例

  • 事例1

    「道路竣工図の更新」

    既存竣工図にレーザデータ等を背景にし、図面の更新作業に利用できます。

    「道路竣工図の更新」

  • 事例2

    「施設管理台帳の更新」

    映像にて標識台帳の設置状況、レーザデータ「施設管理台帳の更新」にて設置位置を確認できます。

  • 事例3

    「法面防災での活用」

    映像にて施設の状況、レーザデータにて法面の位置、形状を確認できます。

  • 事例4

    「景観計画での利用」

    画像やレーザデータを利用した3次元道路CGの作成が可能です。3次元CGを利用した視認性や景観シミュレーションに活用できます。

    「景観計画での利用」

  • 事例5

    「トンネル・OVの調査」

    画像により出水状況や破損状況等の把握が可能です。また、トンネル内のレーザデータと航空レーザによる地表面とを解析処理することで、土被り検討にも活用できます。

    「トンネル・OVの調査」

  • 事例6

    「勾配情報の利用」

    位置情報を利用することで、道路の勾配情報を算出することが可能です。算出結果をもとに、渋滞の発生するサグの抽出や、ECOドライブ 運転の為の基礎情報の作成ができます。

    「勾配情報の利用」

  • 事例7

    「植栽管理での利用」

    植栽の繁茂状況を映像と3次元データにて確認することができます。また、2次期のデータを比較することで、植栽の育成状況や剪定時期の指標を作成することができます。

    「植栽管理での利用」

  • その他の活用事例

    「航空レーザとのハイブリット利用」

    航空機によるレーザ計測は、トンネル内や高架下の3次元情報が取得できません。そこで、MMSによるレーザデータで補完することで、漏れの無い3次元空間基盤が作成できます。また、航空レーザデータの部分更新にもMMSによるレーザデータを活用できます。

    「航空レーザとのハイブリット利用」

アプリケーション

無償アプリケーション

提供コンテンツが閲覧できる無償ビューアソフトです。

  • PADMS-Viewer Lite

    PADMS-Viewer Lite
    表示可能データ:前方画像 / レーザ/ 位置情報
  • PGR-Viewer

    PGR-Viewer
    表示可能データ:全方位画像 / 位置情報

有償アプリケーション

お客様の御利用用途に合わせたアプリケーションソフトです。

  • 道路現況管理情報システム Probe-GIS

    道路現況管理情報システム
    Probe-GIS
    表示可能データ:
    前方画像/全方位映像/位置情報
    特徴:
    道路地図と各種情報が連動表示でき、施設名やKPによる画像検索ができます
  • 道路図面管理システム VesperCore

    道路図面管理システム
    VesperCore
    表示可能データ:
    前方画像/全方位映像/位置情報
    特徴:
    お客様の保有CADを地図として表示し、各種情報と連動表示できます。
  • 道路現況管理WEB配信システム MMS-Browser

    道路現況管理WEB配信システム
    MMS-Browser
    表示可能データ:
    前方画像/全方位映像/位置情報/レーザ(オプション)
    特徴:
    まるで車から顔を出しているような景色が体験でき、連動表示できるデータの幅が広がりました。オプションで任意で設定した個所のレーザの点群データによる断面図を見ることができます。またWEB配信も可能になり、より簡単に使いやすくなりました。

※有償アプリケーションへの各種データの登録には変換作業が必要となります。

価格

基本セット
【 3次元点群データ+前方2方向画像+PADMS-Viewer Lite 】
1.0kmあたり 20,000円 ⇒ キャンペーン価格 10,000円 ※1
デラックスセット
【 3次元点群データ+前方2方向画像 +PADMS-Viewer Lite+360°画像+走行軌跡 】
1.0kmあたり 28,000円 ⇒ キャンペーン価格 14,000円 ※1※2
オプション商品
【 360°画像+走行軌跡 】
1.0kmあたり 10,000円 ⇒ キャンペーン価格 5,000円 ※1※2

※1 上記販売単位について最低販売延長は10kmからとします。10kmを超える数量については、上記単価を適用します。

※2 360°画像のビューワソフトは別途提供します。

データ販売コンテンツに関するご依頼、ご質問等どうぞお気軽にお問い合わせください。

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ