メニューを閉じる →

朝日航洋の空間情報サービス、道路

道路

道路の点検・診断に、新たなソリューション

社会インフラにおける主役である道路は、安全性確保のためのストックマネジメントが課題となっています。私たちは維持管理における点検・診断のソリューションを空間情報技術の活用やセンシング技術で効率的に支援します。

ITS関連調査

1.調査・サービス
計測車両(MMS)より計測した道路情報から道路形状や路面標示、標識情報などを収集し、データベース化します。このデータを利用することで、設計用図面、道路台帳の修正を始め、カーナビの高度化や車両制御の支援にご活用いただけます。さらには、精度の高い道路ネットワークデータを広範囲に作成できます。走行した位置情報付きHi-Vision映像はリアル方面看板・車線イラストの作成資料にも利用いただけます。

2.MMS高速道路アーカイブデータ販売
MMS高速道路アーカイブデータは、高精度計測車両により取得された情報を低コストで提供するライブラリサービスです。高精度計測車両にはGPSや各種センサーを搭載されており、走行調査をおこなうことで、道路周辺の情報を収集しています。測量技術を活かして収集された鮮度・精度の高い高速道路空間情報(道路情報、位置情報)は、道路周辺の基盤情報となり、道路管理業務に活用できます。

関連システム:

道路・構造物維持管理支援(インフラドクター)

我が国には高度成長期に建設された道路インフラが数多く存在し、構造物の老朽化が急速に進んでいます。構造物の維持管理や改築・更新事業といった業務の増大が予測される一方、少子高齢化等による技術者不足も課題となっています。
このような状況において、今後も構造物を適切に維持管理していくためには、関係する膨大なデータを正確に管理し、補修補強設計、作業計画、関係者協議等の各種業務を支援・合理化するシステムの構築が必要不可欠です。また海外においても、経済成長の目覚ましいアジア諸国を中心に道路をはじめとするインフラの整備が急速に進んでおり、構造物の的確な維持管理を支援するシステムが求められています。

InfraDoctorは、当社が提供するGIS(地理情報システム)とMMS(移動計測車両による測量システム)で計測した3次元点群データや全方位動画などを連携させ、道路・構造物の状況を画面上で確認したり、点群データから必要な図面を自動作成したりすることで、道路・構造物の維持管理業務をトータルサポートするシステムです。インフラドクターは、主に三つの基本機能を備えています。

1.GISプラットフォーム機能
MMSで取得される3次元コンテンツと道路維持管理業務に欠かせない橋梁等の図面、点検記録データを、位置情報をキーに統合管理し、各種データの総合窓口として点検業務の効率化を支援します。現地目線の全方位動画は、点検前の現況把握を可能とし、手戻り防止を実現します。

2. 点検結果台帳機能
毎日のように実施される道路・構造物の点検・補修の最新情報を簡単に検索し入手します。
橋脚番号や距離標をキーに関連する構造物の情報を一括検索するほか、劣化に起因する事故が発生した場合等において同種構造物の検索を可能とし、緊急点検業務のリードタイム短縮を実現します。

3.3次元点群データ活用機能
計測した道路・構造物の3次元点群データを活用した3次元寸法計測、点検車シミュレーション、CAD図面作成、保安規制図作成等の各種機能を備えることで、道路インフラメンテナンスを高度化・効率化を実現します。

インフラドクターは首都高技術株式会社、株式会社エリジオン、朝日航洋株式会社の3社で共同開発した製品です。

関連システム:

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ