メニューを閉じる →

【お詫び】弊社が運航するヘリコプターに関わる吊荷飛散事象の発生について(第1報)|ドクターヘリ・空撮・UAS・インフラ関連なら朝日航洋株式会社

新着情報

2021.12.22 お知らせ

【お詫び】弊社が運航するヘリコプターに関わる吊荷飛散事象の発生について(第1報)

 朝日航洋株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:尾暮敏範)では本日、ヘリコプター輸送飛行中、山中に生コンクリートを飛散させる事象を発生させました。
被害の詳細につきましては現在調査中ですが、人的被害は確認出来ておりません。
関係各位には多大なご迷惑、ご心配をお掛けしておりますこと、深くお詫び申し上げます。
 本件の調査を進め、早急に再発防止策を図り、より一層の安全運航に努めてまいります。
 
 
1.日時
  2021年12月22日(水)11時頃
2.場所
  群馬県桐生市の山中(確認中)
3.機種・機番
  ベル式412型 JA9584
4.搭乗者
  操縦士1名 整備士1名
5.吊荷内容
  生コンクリート(以後、生コン)
6.状況
  現場ヘリポートから荷卸し場へ向け、生コンを専用容器(以後、バケット)に入れて離陸上昇中に、バケットの中の生コンが無くなっていることに気が付いた。飛散したと思われる場所は荷卸し場に向かう山中であり、ヘリコプターは現場ヘリポートに戻り、着陸した。バケットの開閉部にわずかな隙間が開いていた。飛散場所の詳細は現在捜索中。現場ヘリポート付近の道路等には生コンが飛散していないことを確認した。なお、発生現場付近には人家等は見受けられない。


                                                   以上
                                                  (2021/12/22 18時20分 第1報)

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ