メニューを閉じる →

「地方自治情報化推進フェア オンライン」(1/27~2/19)に出展します|ドクターヘリ・空撮・UAS・インフラ関連なら朝日航洋株式会社

新着情報

2021.01.20 イベント

「地方自治情報化推進フェア オンライン」(1/27~2/19)に出展します

朝日航洋株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:尾暮敏範)は、「地方自治情報化推進フェア オンライン」に出展いたします。

■開催概要
地方自治情報化推進フェアオンライン(外部サイトが表示されます)
日時:2021年1月27日(水)~2月19日(金)
主催:地方公共団体情報システム機構

■出展概要
朝日航洋は、自治体でのGIS利活用促進をテーマに、データの統合整備に向けたコンサルティングから職員のリテラシー向上まで全庁的なGISソリューションを展開しています。
製品紹介では、統合型GIS「Smart AiMAP Web」「Smart AiMAP Portal」、空間データ基盤「GKAN」、固定資産業務支援システム「SAF2」、オープンソースGIS「QGIS」など、各自治体の実状に応じた運用が可能であり、自治体の財産である空間データの共有・流通を実現するための最適なご提案を行います。
また、出展者セミナーでは、データ利活用職員研修を実施しているつくば市の取組を広く紹介するために、つくば市職員の皆さんによる対談と、既に多くのデータ活用事例で有名な会津若松市とつくば市の対談の2つの対談をご用意しました。GISだけでなく様々な自治体データに携わる職員の皆さんの深い想いを存分にご覧ください。
■製品紹介
・「Smart AiMAP Web」:統合型GISクラウドサービス
  庁内に存在する様々な空間情報を利用できる統合型GISアプリケーションです
・「Smart AiMAP Portal」:統合型GISポータルサイト/コンテンツ管理ポータル
  データと機能を組合せて業務ごとにアプリを利用できる統合型GISプラットフォームです
・空間IT基盤「GKAN」:オープンデータデータカタログサイト/庁内データ共有サービス
  自治体が保有する空間データを共有・公開するためのプラットフォームです
・固定資産業務支援システム「SAF2」:自治体の固定資産税賦課業務を強力に支援
  「さらに使いやすく」「強力な新機能を実装」してスマートアシストF 2として生まれ変わりました
・オープンソースGIS「QGIS」:無償で利用できるデスクトップGIS
  朝日航洋はスポンサーとしてQGIS開発の支援を行い、QGISの日本語化や各種講習会などを通じて国内のQGISの普及促進に貢献しています
■出展者セミナー(日時:開催期間中いつでも)
「データ利活用自治体対談1・2」
 
・自治体対談1「リーダーを育む人のつながり」(つくば市+会津若松市)
GIS推進体制のこと、住民基本台帳などのデータ利活用のこと、LGWAN環境のこと、人材育成のことなど、皆さんがこれまで取り組まれてきた内容とその思いが伝わってきます。セミナーや講習会では聞けない本音トークを是非ご覧ください。
 ※対談者
 ・家中賢作様(つくば市政策イノベーション部情報政策課)
 ・宮森健一朗様(会津若松市健康福祉部高齢福祉課)
 ・伊藤文徳様(会津若松市企画政策部秘書広報課)
 ・司会:浅野和仁(朝日航洋株式会社技術企画部)

・自治体対談2「システムよりも人材育成!」(つくば市職員)
全職員を対象とした研修を受けて職場がどのように変わろうとしているのか、変わっていくべきなのか、皆さんの想いを語り合っていただきました。システム導入だけでは見えてこない職員の皆さんの熱い想いをじっくりご覧ください。
 ※対談者
 ・家中賢作様(つくば市政策イノベーション部情報政策課)
 ・横田雅代様(つくば市市民窓口課)
 ・高田啓人様(つくば市人事課付け)
 ・金山昇平様(つくば市地域包括支援課)
 ・司会:浅野和仁(朝日航洋株式会社技術企画部)
■本件に関するお問い合わせ先:
 朝日航洋株式会社 営業企画部 TEL 049-244-4817

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ