メニューを閉じる →

「がんアライ宣言・アワード2019」で「ゴールド」を受賞|モービルマッピング(MMS)・ドクターヘリなら朝日航洋株式会社

新着情報

2019.10.29 お知らせ

「がんアライ宣言・アワード2019」で「ゴールド」を受賞

※表彰式での企業講演の様子 ※表彰式での企業講演の様子

 朝日航洋株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:尾暮敏範)は、治療しながら働くがん罹患者が、いきいきと働くことができる職場や社会を実現するための民間プロジェクト「がんアライ部」主催の「がんアライ宣言・アワード2019」において、その中で特に優れた取り組みを行っている企業のうちの1社として「ゴールド」を受賞いたしました。
 本宣言・アワードには国内企業、団体40社がエントリーし、各社ががん罹患者の味方であること、がんとともに働きやすい企業であることを宣言し、それぞれの具体的な取り組み内容、風土づくり、相談できる環境づくり、制度、の各項目について審査を受けました。

※がんアライ部とは…2017年10月に発足した、がんを治療しながら働く「がんと就労」問題に取り組む民間プロジェクト。「がんと就労」を社会的な課題として設立し、がんを治療しながら働くがん罹患者が、いきいきと働くことができる職場や社会の実現をめざす。

<当社が受賞したポイント>
 ■風土づくり
  ・がんに罹患した際、役職者や人事担当を含めて、すぐに会社を辞めなくていいと伝わる風土づくりをしている。
  ・がんへの理解を深める教育や検診・休暇など、制度が使いやすい風土づくりをしている。
 ■相談できる環境づくり
  ・がんに罹患した社員が、上司に仕事や治療のことを相談できる環境がある。
  ・人事担当が、がんに罹患した社員の治療や勤務に関して、外部の医療従事者と相談する環境がある。
 ■制度
  ・社員の健康増進やがんを早期発見するための取り組みがある。
  ・がんに罹患した際、治療を支援する制度や復職時に働きやすい制度がある。
 
 
<参考サイト>
 
 
 
■報道機関からのお問い合わせはこちら
 朝日航洋株式会社 企画室
 TEL:049-245-2548
 

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ