メニューを閉じる →

電力施設で有人ヘリコプターとドローンの運航管理実験を実施|モービルマッピング(MMS)・ドクターヘリなら朝日航洋株式会社

新着情報

2019.10.17 お知らせ

電力施設で有人ヘリコプターとドローンの運航管理実験を実施

※システム間の連携イメージ ※システム間の連携イメージ

朝日航洋の有人ヘリコプター&テラドローン社Terra UTM&ウェザーニューズ社Foster-GAの
運航管理システムを連携することにより、災害後等の点検作業の効率化を目指します


 朝日航洋株式会社(東京都江東区、代表取締役社長 尾暮敏範、以下朝日航洋)、テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役/徳重 徹、以下テラドローン)、株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁、以下ウェザーニューズ)にて、電力施設内におけるドローンよる施設点検、及び有人ヘリコプター/ドローンの運航管理実験を行いました。
 朝日航洋社が保有している有人ヘリコプターと電力施設点検及び運航管理のノウハウとテラドローン社が提供しているドローン運航管理システム“TerraUTM”と、ウェザーニューズ社が提供している有人ヘリコプター運航管理システムFOSTER-GA/機上システムFOSTER-NAVとの連携により、有人ヘリコプターとドローン間の衝突回避の有効性を確認することができました。
 本実証の背景は、有人ヘリコプターとドローンの衝突による事故が海外にて発生、国内においてもニアミス事例が発生していることが挙げられます。
※有人航空機のニアミス案件の実例
 「航空機と無人航空機、無人航空機同士の衝突回避策等について(国土交通省航空局、2016年11月8日)」のp16参照。


実証実験の内容
 本実証では、実施に際しては、朝日航洋が保有する有人ヘリコプターを空港から離陸させ、同時にテラドローンが保有するドローンを電力施設内で飛行させ、これらの衝突を模擬し、これにより上記システム連携の動作を確認・評価するものです。ただし実際の衝突を回避する措置として、有人ヘリコプターとドローンの飛行高度は大きくオフセットさせ、水平位置関係のみにて衝突を模擬する実証実験を行いました。
 
実証実験の結果と今後について
 実証実験の結果、有人ヘリコプターとドローンそれぞれのシステムが情報連携し、2者間の衝突回避の有効性を確認することができました。電力施設点検用ドローンと有人ヘリコプターの共同作業の安全が担保されることで、電力施設点検用ドローンの社会実装をより一層進めることが可能になります。朝日航洋は今後、衝突回避技術を確立することで、有人ヘリコプター及びドローンがともに安全運航できる環境整備を進め、災害対応や施設点検などへの実用化を推進します
 
 
​<関連サイトはこちら>
 
 
■本件に関するお問い合わせ先
 朝日航洋株式会社 空間情報事業本部 UAS事業推進部
 TEL:049-244-4817
 
■報道機関からのお問い合わせ先
 朝日航洋株式会社 企画室 広報担当
 TEL:049-245-2548

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ