メニューを閉じる →

朝日航洋からの各種情報をご案内

新着情報

2017.03.01 お知らせ

アーバンデータチャレンジ2016で受賞いたしました!

アーバンデータチャレンジ(UDC、http://urbandata-challenge.jp/)は、一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会、東京大学生産技術研究所・関本研究室が主催する2013年から取組みで、地域課題の解決を目的に、地方自治体を中心とする地理空間情報等の公共データを活用した年間のイベント開催を伴う一般参加型コンテストです。
平成29年2月25日に行われたUDC2016最終審査会において、朝日航洋株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:尾暮敏範)が参画した次の2作品が受賞いたしました。

◆アクティビティ部門 銀賞受賞
作品名「“地図を使った地域づくり”のすすめ WITH オープンマップ@山口市」
山口市様との共同作品です。
オープンマップ@山口市は、地図情報を広く公開するとともに、地図情報を使って地域の課題解決や地域づくり活動を支援するため2014年度に構築されたWebサイトです。山口市様では、昨年度から市内21ヵ所の地域づくり団体を巡回して当システムの操作・利活用研修を実施し、地域の課題解決に向けた取り組みを積極的に行っており、朝日航洋はこの活動を支援させていただきました。この取組みとその成果に対して評価をいただきました。

◆アイデア部門 銀賞受賞
土木学会土木情報学特別賞受賞
作品名「PCDB」
静岡県様、浜名湖国際頭脳センター様との共同作品です。
静岡県様が発注する工事や点検業務のうち、3次元データとして納品されるものに対して、これを登録し、登録された3次元データを地図上で表示、誰でも閲覧可能でありオープンデータとしてダウンロードが可能となるアイデアです。

UDC2016審査結果

http://urbandata-challenge.jp/2016/udc2016prize

朝日航洋は、このような活動を通じて、行政データのオープンデータ化の支援、地理空間情報やオープンデータの効果的な活用方法を引き続き提案してまいります。

作品紹介の様子 作品紹介の様子

■本件に関する問い合わせ先:
 朝日航洋株式会社 G空間研究室 TEL 049-244-4032
 報道機関からのお問い合わせ先:
 朝日航洋株式会社 企画室      TEL049-245-2548

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ