メニューを閉じる →

朝日航洋の空間情報サービス、固定資産税

固定資産税

固定資産税の賦課事務を徹底サポート

高まる納税者意識に対し、より適切な説明責任が求められる固定資産税。私たちは、適正かつ公平な課税のために、リモートセンシング技術やGIS等の空間情報技術を活用した課税客体調査や土地評価コンサルティングにより、行政が納税者への説明責任を果たせるよう課税事務を支援します。

各種図面整備(土地・家屋)

地方公共団体が適正かつ公正な固定資産税の賦課業務を実施する上では、土地・家屋などの課税客体の現況を把握する必要があります。
そのため朝日航洋では、評価基礎資料となる地番図、家屋図などの整備について、長年の経験、ノウハウを活かして、地方公共団体が抱えるそれぞれの実情に応じた整備手法を提案します。
地番図は法務局備え付けの公図をベースに筆の配置を現況に合わせて筆界を編集して作成します。地籍調査や土地改良が完了している区域は、その測量成果を反 映させて、官民境界となる道路骨格の筆形状は、道路台帳図平面図等を利活用して作成します。また土地の筆界は分筆や合筆、地籍調査等の異動がかかるため常 に更新作業を行い、データの鮮度を確保します。
家屋図は最新の写真地図を基に、家屋形状を図化して作成していきます。家屋についても新築や取り壊し等の異動がかかるため、適宜データの更新を行います。        

課税客体調査(土地・家屋)

地方公共団体における現況地目変更の把握漏れあるいは認定誤り、また新増築家屋、滅失家屋の把握漏れなどに起因する固定資産税の課税誤りは、納税者の不信を招きかねません。納税者の信頼を確保するためには、現況を的確に把握し課税に反映することが重要です。
朝日航洋では、まずは調査基準を作成し、GISを活用した手法により、航空写真による現況地目の確認調査や、新旧航空写真の比較による家屋の異動調査、また、過去の新増築や滅失漏れを解消すべく、家屋全棟を対象とした実地調査(家屋全棟調査)を行います。
これらの成果は、自治体職員様にて効率的に確認できるようGISデータとして提供し、公平かつ適正な課税に向けての支援を行います。
なお、本調査技術は、空家対策特別措置法に基づく空家等実態調査や空家等データベース整備事業にも活用できます。

土地評価支援

朝日航洋は、固定資産業務において政令市・県庁所在市をはじめとする多くの地方公共団体のお手伝いをさせていただいております。その中でも絶大な信頼を頂いているのが、『土地評価替え業務』です。固定資産土地評価業務のパイオニアとして、昭和63年評価替えから『土地評価替え業務』に携わり、正確な情報の把握、地域実情に添った適正な評価、納税者に対する公平な課税を目的として「適正な評価バランスの実現」「納税者説明責任の完遂」「職員様の負担軽減」を品質目標とし、お客様のために「新手法の開発」「業務改善」に取り組んでおります。
総務省、(財)資産評価システム研究センターの研究会にも参画し、固定資産業務の標準化・効率化への取り組みも行っており、お客様へは徹底した品質で、最大限のお手伝いをお約束いたします。

家屋評価支援業務

画像

家屋課税事務を取り巻く環境は、報道等による未評価家屋や滅失家屋の課税誤りの未然防止が取り沙汰される一方、経験豊富な熟練者を要する非常に複雑な事務が課題となっています。
朝日航洋では、家屋課税事務を支援する業務として、基礎資料となる家屋図整備、家屋課税台帳と現況の特定調査、比準方式による家屋評価等をトータル的にサポートすることで、自治体職員様の事務負担軽減を図ります。

  • キャプション

  • キャプション

【家屋比準評価への取り組み】

●「家屋比準評価実証実験」を唯一民間業者として実施(平成16年度総務省・資産評価システム研究センターの指導のもと神奈川県全自治体を対象として) ●「㎡単価方式の調査研究業務」に参画(平成21・22年度、総務省自治税務局資産評価室主催) ●平成6基準年度から継続的な業務実績あり。対象家屋は木造専用住宅、軽鉄住宅・共同住宅プレハブ工法、RC共同住宅在来工法(マンション)。

【当社独自の家屋比準評価法】

部分別評価計算書をもとに統計的な分析を行い、各自治体の新築木造住宅の実情に合わせた比準クラスや比準率表を作成する当社独自の手法です。比準評価法の特徴である簡便的な資材判定でありながら、部分別評価書を基にしているため部分別評価法と同等の評点数が算出されます。

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ