メニューを閉じる →

朝日航洋は保護されるべき全情報を安全に利用・管理・保管

企業情報

情報安全

情報保護委員会委員長のメッセージ

朝日航洋は、総合航空サービス事業、並びに空間情報サービス事業を展開しています。
事業の特性から、お客様からお預かりしている個人情報、外部から預託された情報、及び自社内の個人情報・機密情報等、保護されるべき全情報を安全に利用・管理・保管することが、社会的責務として求められています。
情報安全を脅かすような事故は、お客様との信頼関係を損なうだけでなく、事業経営を揺るがす大きなリスクとの認識の下、日頃より全社を挙げて安全教育に取り組んでいます。
私たちは、当社の経営理念である「安全と信頼によるお客様満足の追及」に則り、情報セキュリティの確保と推進に向けた体制を整備し、継続的な安全活動に努めてまいります。

取締役
ISMS管理責任者/個人情報保護管理責任者
堤 美紀雄

情報安全の取り組み

  • 情報安全の取り組み:画像

    情報安全の取り組み:画像

  • 従業員への継続的な教育・訓練

    個人情報保護・情報セキュリティについて、情報資産の重要性とその取扱いを全従業員が 学ぶことで、一人ひとりの意識を高める教育・訓練を行っています。

    • 6月を「個人情報保護・情報セキュリティ強化月間」とし、全社教育を実施
      ・全従業員を対象とした「eラーニング」の実施
      ・情報安全のための運用ルール読み上げ(朝礼時)
    • 毎月26日、PC起動時に個人情報保護・安全強化日メッセージを表示
    • サーバ管理者向け教育訓練  など
    定期的な情報セキュリティ点検の実施

    決められた取扱いルールの通りに実施されているか、定期的に点検しています。

    • 情報機器在庫確認
    • 利用ソフトウエア(有償、フリー)が許可されているかどうかのチェック(月2回)
    • Pマーク月次点検
    • ISO27001、Pマーク内部監査(年1回)
    社会環境に合わせた対応

    情報セキュリティを取り巻く環境の変化にあわせ、社内の運用方法を検討・整備しています。

    • フリーソフトの利用は申請制
    • 「PC運用管理基準」「サーバ運用管理基準」「バックアップ管理基準」の改定
    • 「スマートフォン・タブレット端末運用基準」を整備  など
    情報安全のための10か条
    1. 情報資産は、許可なく持ち出さない!
    2. 私物の情報機器(PC・記憶媒体)は、会社に持ち込まない!
    3. 情報資産の廃棄はルール通りに!
    4. OSやブラウザは常に最新状態にしておくこと!
    5. パスワード管理は徹底する!
    6. 許可されたソフトウェア以外は利用しない!
    7. もしものためにバックアップは定期的に実施すること!
    8. 不審なメールは送信元のアドレスも確認すること!
    9. 業務情報は公言しない!
    10. 脅威、手口を知る!

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ