WORK朝日航洋の人と仕事

櫻井 由起子

「人の命に関わる」というやりがい。ママになっても技術士を目指す。

櫻井 由起子 Yukiko Sakurai

技術職/コンサル部門(防災)

2009年入社
大学院で地形学を学び、同社に入社。官公庁を対象とした防災分野全般の空間コンサルティングを担当。技術士補(応用理学)、測量士。

人の本質を見て判断してくれる会社

朝日航洋のことは、大学院で地形学を学んでいた頃から知っていました。新潟で立て続けに発生した水害や地震による被災状況を調査する際に、朝日航洋から航空写真やレーザデータを提供してもらっていたのです。
最初は「技術職志望の女性」でも受け入れてくれるかどうか不安がありましたが、教授の推薦もあり、「経歴ではなく人の本質を見て判断する会社」だということを聞いていたので、面接を受けることにしました。当社を訪れたときに、パートの方を含め、多くの女性が働いている様子を見て、入社を志望しました。
 
入社して感じたのは、風通しの良さです。これは当社の魅力の1つです。役員とも話をする機会が多く、自分の意見を言える環境がある会社だと思います。また、出産・育児を支援してくれる制度も整っており、女性でも長く働けるところも当社の良いところだと思います。
 
やりがいと充実感の両方が得られる仕事

やりがいと充実感の両方が得られる仕事

防災コンサルタント部では、河川や砂防などの分野を中心に、空間情報技術を駆使した防災コンサルティングを行っています。私が担当している業務は、国で管理している河川を対象に、紙ベースの主題図を、GISデータとして整備することです。立体視鏡で空中写真を見て、地形の起伏や成り立ちを読み取ってデジタルデータを作成する、アナログ作業とデジタル作業の橋渡し的な仕事です。業界において、両者の技術を持っている者は少ないと聞いていますので、やりがいを感じています。また、防災という「人の命に関わる」仕事をしていることも、大きなやりがいになっています。
 
技術の仕事は、経験を積み重ねていくことでレベルアップしているという実感が得られる仕事です。「昨年できなかったことが、今年は先輩の手を借りずに1人でできた」。そんなときには、もっと向上しようと意欲が湧いてきます。

さらにスキルを磨き、上を目指す。

さらにスキルを磨き、上を目指す。

防災コンサルタントの仕事は、様々な知識や技術も必要ですが、最も重要なのはコミュニケーションだと思います。仕事はチームで進めていきますし、お客様とのやり取りも多いので、相手の話にじっくりと耳を傾けることが大切です。
 
今までで一番嬉しかったのは、「櫻井さんには、安心して任せられる」と、お客様から言われたときですね。努力や苦労が報われ、本当に嬉しかったですし、さらに頑張ろうという気持ちになりました。
今は、「主婦で技術者」ですが、将来は「ママでも技術士」を目指しています。当社には、出産・育児を経ても働きやすい環境があるので、十分に実現可能です。今後も防災分野において、さらにステップアップしてきたいと思います。

この職種につくために

この職種につくために

仕事をするうえでは、技術士や測量士などの資格が必要になってきます。しかし、知識・技術は入社してからでも学べますので、学生のうちは多くの人と接し、様々なことに挑戦し、見聞を広げるといいと思います。何かを成し遂げるという経験として卒論に一生懸命取り組むことも大切です。

SCHEDULE 1日のスケジュール

 

  • 8:40 出社
  • 9:00 部内の朝礼(その日のスケジュールを部内で共有)
  • 9:30 メール対応、臨時社員の方への作業依頼など
  • 10:00 作業(お客様や他部署とのやり取りのある作業を優先)
  • 12:00  昼食
  • 12:50 思考を必要とする作業を行う。
  • 17:00 メールチェック。翌日の準備など。
  • 18:00 退社