WORK朝日航洋の人と仕事

深澤 和美

空と地上を結ぶ“地上のキャプテン”として、安全で快適な運航をサポート。

深澤 和美 Kazumi Fukazawa

運航管理者/ディスパッチャー

2009年入社
他社で4年間の運航管理業務を経て運航管理者技能検定に合格後、当社へ入社。中部航空・ビジネスジェット事業支社 運航管理部に配属。運航管理者(ディスパッチャー)として、ビジネスジェットやヘリコプターの運航管理業務を担当。保有資格は、運航管理者技能検定と航空無線通信士。

ずっと続けていきたいほど、
好きな仕事

朝日航洋に入社して感じたことは、仕事内容が多岐に亘り、業務範囲が広い事に驚きました。
旅客輸送以外にも、航空医療搬送や臓器搬送などもあり、ビジネスジェット機をご利用されるお客様の多様なご要望に沿った運航を、安全で快適に遂行する為、部分的な業務範囲にとどまらない幅広い知識や経験が求められる事です。
当社の航空事業では、ビジネスジェット機以外にもヘリコプター運航があります。ヘリコプターとビジネスジェットによるコンビネーション運航では、両者の魅力をともに感じられます。
他部署や対外関係先と調整協力し、トータルに仕事を進めていけるという面白さを実感しています。
責任が重い分だけ、
大きなやりがいがある。

責任が重い分だけ、
大きなやりがいがある。

国家資格である運航管理者は、法的には機長と同等の権限を持って、航空機の出発可否を協議します。 主な仕事は、安全で快適な運航に必要な様々な情報を事前に収集・解析し、機長にブリーフィングを行うこと。出発空港、目的空港、代替空港、飛行経路の気象解析、機材の整備状況の確認、乗客や搭載物の重量重心計算、航空情報等を確認し、飛行高度、飛行経路、搭載燃料量、離着陸重量などを決めて飛行計画を作成します。 運航中は、地上から無線を通じて飛行全般を監視支援し、運航後はデブリーフィングを行います。 

プロフェッショナル
スキルを身につけ、
国際フィールドにも対応。

プロフェッショナル
スキルを身につけ、
国際フィールドにも対応。

仕事をする上で心がけていることは、パイロットをはじめ、整備士、旅客ハンドリングや営業スタッフと一丸となり、一便、一便、運航許可申請を行い、飛行計画の作成から目的空港に到着するまで、きめ細かく一つのフライトを作り上げるようマネージメントする事です。 安全に直結する業務でもある為、日々スキルアップに努力し様々な運航に柔軟に対応できるよう心がけています。 

この職業の魅力は

この職業の魅力は

運航管理者技能検定の受験資格は、1年以上の実務経験が必要です。 国家資格を取得し、さらに社内審査に合格すると、当社での運航管理が行えるようになります

運航管理者になれば経験年数は違っても、先輩・後輩の壁はなく自分の指示判断に責任が伴うので、やりがいがあり魅力ある仕事でもあります。 常にチャレンジ精神を持って何事にも前向きに取り組めるように意識して行動する事が重要だと思います。 

SCHEDULE 1日のスケジュール

【ビジネスジェットの例】
10:00離陸便-15:00到着便の運航がある場合

 

  • 8:00 出勤 ブリーフィング準備(気象・航空情報(NOTAM)の確認、飛行計画の作成・提出、重量重心管理)
  • 9:00 パイロットとのブリーフィング、
    出発までの地上運航支援
  • 10:00 出発後は運航が終了するまで無線交信による飛行監視、運航支援業務
  • 11:30 引継ぎ
  • 12:00 昼食
  • 13:00 部内情報共有の為のミーティング
  • 14:00 運航調整及び管理業務等
  • 15:00 デブリーフィング、
    運航終了後の所定業務
  • 16:30 業務終了