メニューを閉じる →

朝日航洋の空間IT基盤(GKAN) | モービルマッピング(MMS)サービスは朝日航洋

空間IT基盤(GKAN)

GKAN

GIS活用による
さらなる行政サービスの向上を支援

組織横断的な地理空間情報の活用が業務効率化・高度化の重要なポイントになります。朝日航洋は、「G空間情報センター」の構築実績を基に開発した空間IT基盤 GKANにより、行政機関が保有する空間情報の高度な管理・運営を実現します。

GKAN

データの共有・流通基盤

貯める

データの蓄積・共有庁内に散在している多種多様なデータをGKANに登録して管理・共有できます。

探せる

データの検索GKANに蓄積されているデータは組織、キーワード、種類に基づいて検索することができます。

使える

データの活用GKANに登録されたデータをダウンロードしたり、APIを用いてデータをシステム間で活用することができます。

見える

データの見える化GKANはGIS機能を持ち、登録された空間データをプレビューしたり、異なるデータを重ね合わせて新しい地図を作成し、共有することが出来ます。

データの共有・流通基盤

GKAN画面イメージ

TOP画面

TOP画面

TOP画面 サムネイル表示

TOP画面 サムネイル表示

作成した主題図をトップ画面でサムネイル表示で共有

避難所検討マップ

避難所検討マップ

浸水想定図、避難所、住民情報を可視化し避難所設置検討に活用

CSVグラフ化

CSVグラフ化

CSVデータをグラフでプレビュー可能

標高マップ

標高マップ

外部の地図を自由に背景に利用可能(例:地理院標高マップ)

スタイルエディタ機能

スタイルエディタ機能

ベクターデータの表示スタイルをユーザーにて変更可能

GKANの運用パターン

01

庁内へのデータ共有

● 従来「どこに、どんなデータがあるか」把握できていなかった様々な庁内データを体系的に管理でき、探しやすく、利用しやすい環境(仕組み)をご提供いたします。

● GKANに庁内の空間データを集約することによって、統合型GISアプリケーションや特定ベンダーのシステムに依存することなく、データの共有・流通・利用が可能となります。

庁内へのデータ共有

02

庁外へのデータ公開
(オープンデータカタログサイト)

●インターネットクラウドでGKANサービスを外部(庁外)に提供します。

●公開可能な情報をGKANに登録することで、オープンデータとして庁外へ配信することができます。

庁外へのデータ公開(オープンデータカタログサイト)

03

庁内利用とオープンデータの
シームレスな運用

● 庁内データ・オープンデータの統合環境としてGKANを活用できます。

● 公開可能な情報(個人情報・秘匿情報などは除く)だけを公開できます。

● システム連携によるシームレスなオープンデータの公開を実現します。

庁内利用とオープンデータのシームレスな運用

利用プラン比較

庁内への
データ共有
庁外へデータ公開
(オープンデータ
カタログサイト)
庁内利用と
オープンデータの
シームレスな運用
運用環境 LGWAN Internet LGWAN / Internet
契約形態 初期費用設定費 + 年間契約(月額利用料)
ストレージ 100GB 100GB 100GB / 100GB
付帯
サービス
定期バックアップ、運用レポート、操作研修(年1回)
オプション
サービス
追加ストレージ、教育研修

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ