WORK朝日航洋の人と仕事

小野 あゆみ

社員が「訪れたくなる総務」にすることを目指しています。

小野 あゆみ Ayumi Ono

事務職/管理部門

2010年入社
航空機好きの家庭で育ったことがきっかけで、朝日航洋に入社。総務部総務グループでアクティブに活躍している。

「好き」「誇り」「やりがい」を感じられる仕事

就職活動の際、「私が好きなことは何だろう?」と自分を見つめ直しました。そして、子供のころから航空機を見るのが好きだったことを思い出しました。両親が航空機好きだったので、航空ショーを観に行くことは我が家の家族行事でした。私にとって航空機は身近な存在だったのです。そして当社と巡り会い、入社を志望しました。
 
当社を訪問して感じたことは「働きやすそうな会社」ということです。出産・育児を経ても活躍している女性が多いという印象を受けました。
また、災害時などに活躍し、人と社会に貢献しているというところにも魅力を感じましたね。ドクターヘリや、空間情報技術による災害調査、ハザードマップの作成など、当社の航空機や技術は多方面で活躍しています。そんな会社で働くことは、私のやりがいになっています。
自分の意見を取り入れてくれることの喜び。

自分の意見を取り入れてくれることの喜び。

「何でもやる」と言っていいほど総務の仕事は多岐にわたっています。主に担当していることは、車や携帯電話などのリース契約管理、日々の配車業務、社長メッセージの全国拠点へのライブ配信などです。その他には、株主総会や航空機の新機種お披露目などのサポートも行っています。
 
印象に残っている仕事は、2つあります。1つ目はリース契約している物件のデータベース化です。細かな契約内容をすべて整理し、情報システム部と協力してデータベース化し、効率的な管理を行えるようにしました。
 
もう1つは「朝日ファミリーデー」の実行委員になったことです。社員のご家族を招いて、感謝の気持ちと仕事への理解を深めていただくための行事です。自分で発案して、予算ゼロでお子さんたちに楽しんでもらえるゲームコーナーをつくりました。若手社員の意見にも耳を傾け任せてくれることは、当社の社風です。

将来の夢は、朝日航洋をグローバルにしていくこと。

将来の夢は、朝日航洋をグローバルにしていくこと。

総務は非生産部門ですが、私は「社員全員がお客様」という意識で仕事に取り組んでいます。お客様である社員から「ありがとう」とか「小野さんがいないと困ってしまうよ」と言われたときは、嬉しかったですね。
 
心がけているのは「忙しくても笑顔を絶やさない」ということ。眉間にしわを寄せていたら声をかけづらいので、常に笑顔を意識しています。
事務仕事が中心ですが、来客の応対やリース会社との打ち合わせなどもあり、社外の人たちと接する機会も少なくありません。笑顔は人と人をつなぐ最良の方法だと思います。
 
目指しているのは、「訪れたくなるような総務部」です。そして、受け身ではなく「自分たちから発信していく総務」にしたいですね。
将来の夢は、ヘリコプターの輸出入業務や広報の仕事に携わり、当社を世界にアピールしていきたいと考えています。

この職種につくために

この職種につくために

アルバイトでも遊びでも一生懸命にやった方がいいと思います。一生懸命に取り組むことで自信がつきます。また、積極的に人とコミュニケーションを図ることも大切だと思います

SCHEDULE 1日のスケジュール

 

  • 8:30 出社
  • 9:00 メールチェック、配車業務
  • 9:30 メール返信、依頼対応、電話対応
    (全国の支店・支社および本社の各部署、社外取引先など)
  • 12:00 昼食
  • 13:00 来客(リース会社や通信会社など)
  • 13:00 来客(リース会社や通信会社など)
  • 15:00 資料作成(通信費のコスト削減資料や経理へ提出するデータの作成)
  • 17:00 翌日の配車の準備
  • 18:00 退社