WORK朝日航洋の人と仕事

桜井 秀宣

固定資産評価システムのリーディングカンパニーとしてのやりがい。

桜井 秀宣 Hidenori Sakurai

技術職/生産部門(資産情報)

2009年入社
大学院で防災に関する研究を行う。入社後、資産情報部資産情報グループで神奈川エリアを中心に担当。技術士補(環境)

学んだことを、異なる分野で生かす。

私は大学院で、GISを使って防災、環境の研究をしていました。学んだことを仕事に生かせると思い、朝日航洋に入社を志望しました。決め手になったのは、実際に会社に訪れたときに感じた当社の雰囲気です。社員と話をして、上下間の隔たりがなくフラットな人間関係のある会社だと思いました。
 
私の仕事は、主に自治体が固定資産税路線価を決めるための基礎となる情報を提供することです。GISや航空写真をもとに土地や家屋を正確にとらえ、資料の作成を行っています。提供したものが適正な固定資産税路線価を決定するための判断材料となるので、重要な仕事です。防災とは無関係ですが、GISや地図制作の経験が役立っています。
静・動合わせもった面白い仕事

静・動合わせもった面白い仕事

この仕事で大切なのは、お客様の要望に対し、的確に応えることです。「特定の土地についての情報が知りたい」とか「周辺の状況を調査して欲しい」など、要望はさまざま。ニーズを的確にとらえ、わかりやすい資料を作成することがポイントです。
「もっとわかりやすくするためにはどうしたらよいか?」と考え、提案することもあります。たとえば、立体的に見えるようにするとか、航空写真の上に道路や建物などを重ね合わせてみるといった工夫を凝らします。
 
一日中パソコンに向かっていると思われがちですが、お客様との打ち合わせも多い仕事。時には、現地調査に行くこともあります。道路の幅員や歩道の状態を、2泊3日で調査したこともあります。デスクワーク・フィールドワークのみならず、お客様と接することもある変化に富んだ面白い仕事です。

この分野で一人前になることを目指す。

この分野で一人前になることを目指す。

仕事をしていて嬉しかったのは、お客様から「いい資料ができたね」と言われたときですね。自分が行った仕事をお客様に評価されることは、よりよい仕事をしていくためのモチベーションにつながります。
 
仕事をするうえで心がけていることは、納品前に何度も検査することです。以前、データを間違えてしまいお客様にご迷惑をかけてしまったことがありました。単純な見落としだったので、その日のうちに修正して納めることができたのですが、それ以来、複数回のチェックをするようにしています。
 
当面の目標は、1人で仕事をこなせるようになることです。また、お客様との打ち合わせの場で、質問に対してすべて自分で受け答えできるようになりたいですね。

この職種につくために

この職種につくために

GISを使った経験や地理空間情報に関する知識があるといいですね。また、不動産の知識や地方税法、国土調査、都市計画なども必要になってきますので、いずれかの知識があるといいと思います。

SCHEDULE 1日のスケジュール


 

  • 8:30 出社
  • 9:00 朝礼
  • 9:10 業務1
  • 12:00 昼食
  • 12:50 業務2
  • 15:00 休憩
  • 15:10 業務3
  • 17:30 業務終了 休憩
  • 18:00 引き続き業務を行う
  • 18:30 退社