WORK朝日航洋の人と仕事

江内谷 剛志

空への興味と憧れ。空と関わる仕事がしたいという思い。

江内谷 剛志 Takeshi Enaidani

運航管理担当者/コミュニケーション・スペシャリスト

2012年入社
航空自衛隊で勤務後、同社に入社。現在、同社東京ヘリポートにて運航管理担当者として活躍中。保有資格は、航空無線通信士(国家資格)と運航管理担当者(社内資格)。

多種多様な業務があることが、朝日航洋の魅力。

幼い頃から空にかかわる仕事がしたいという思いから航空自衛隊に入隊しました。航空自衛隊では国防という職務を全うする中で様々な経験を積み自分を成長させて頂きましたが、直接航空機の運航に携わる仕事がしたいという思いは諦めきれず悩んだ末に転職を決意しました。

朝日航洋を選んだ理由は、航空機に携わる幅広い業務を行っているからです。一般的なヘリだけでなく、ドクターヘリやビジネスジェットまで運航しており、旅客輸送用、物資輸送、その他様々な経験ができると思い入社を志望しました。
 
朝日航洋の特徴は『多種多様』。活躍できるフィールドが広がっており、マルチなスキルを身につけられることは当社の魅力だと思います。
安全かつ円滑な運航をサポートする仕事。 と思います。

安全かつ円滑な運航をサポートする仕事。 と思います。

運航管理の仕事は、パイロットの飛行援助を行うこと。フライト前には、天候をはじめ、その他の飛行情報や目的地の情報などをパイロットに伝えます。飛行中には、天候や必要な飛行情報などを随時チェックし、パイロットからの要請にいつでも答えられるように準備しています。
 
平均すると、1度に5〜6の機体に対して飛行援助を行っています。多いときで10機ほど担当することもあります。
印象に残っていることは、天候が急変し、数機同時に無線連絡が入り、1人で対応したことです。突然、積乱雲が発生し、現在の状況と今後の予測を問い合わせてきました。円滑な運航をサポートするためには、冷静さを保ち、落ち着いて対応することが重要です。気象に関する持てる知識を総動員しました。

「パイロットの命を預かる」という責任感。

「パイロットの命を預かる」という責任感。

過去の積乱雲の発生パターンから判断し、今後の予測を伝え、飛行経路の変更などを伝えました。数機が同時だったので、優先順位をつけて順番に対応していきました。
飛行援助において特に天候の情報は重要です。そのため、プライベートでも気象に関する勉強をしています。
 
運航管理担当者は、地上においてパイロットの命を預かる仕事だと思っています。パイロットと運航管理担当者は運命共同体。大きな責任を担っています。責任が大きい分、やりがいのある仕事です。
パイロットから言われる「ありがとう」という言葉。それを聞いたときが、この仕事をやっていて最も嬉しい瞬間ですね。
 
現在の目標は、ドクターヘリの運航管理を経験し、さらに上級の国家資格である「運航管理者」の取得です。経験とスキルを積み、幅広い運航管理業務を行えるようになりたいと考えています。

この職種につくために

この職種につくために

資格は入社してからでも取得できますが、運航管理の仕事を行うには航空無線通信士又は航空特殊無線技士は必須です。また、気象に関する知識が求められるので、勉強しておくといいでしょう。そして、空に興味を持ち、好きになって欲しいと思います。

SCHEDULE 1日のスケジュール

(泊まり勤務の際は、9:00〜19:00まで勤務し、宿泊待機後翌朝6:00 出社)

  • 9:00 出社後 気象状況、ノータム及びフライト予定の確認
    ~          (ノータム:関係機関が出す、航空機の安全運航のために必要な情報)
  • 10:00 パイロットへのブリーフィング
  • 10:30 運航管理業務
  • 12:00 昼食
  • 午後 随時、気象状況およびノータムの確認を行う。
    各ヘリの運航管理業務。
  • 17:30 通常勤務終了 事務処理後 退社