WORK朝日航洋の人と仕事

長谷川 和哉

「どんな仕事も手を抜かない」
それが信頼につながっていく

長谷川 和哉 Kazuya Hasegawa

整備職/設計・電子

2007年入社
同航空業界で整備職を経験後、2007年に朝日航洋グループ会社である朝日エンジニアリングに入社。2011年に朝日航洋に転籍し現在に至る。保有資格は、2等航空運航整備士(回転翼)、危険物取扱者乙種4類、大型特殊自動車運転免許など。

「やりたいと思ったことに挑戦してみよう」と転職を決意。

整備士を目指して航空専門学校へ進学し、この業界に入りました。最初に入社した会社では、ホイールやブレーキなどの整備を行いました。
「航空機本体の整備をしたい」。
数年たって仕事に慣れた頃、そんな思いが強くなり、転職を決意しました。
 
現在担当しているのは、ヘリコプターに搭載する電子機器類のチェックとヘリコプターの改造です。チェックする主な機器は無線機で、法律や規格に合っているかなどを検査し、調整を行います。
ヘリコプターの改造は、お客様のご要望に合わせ、カメラやドクターヘリの医療設備などの電子機器類を搭載できるようにヘリコプターを改造し、実装まで行います。機体を分解して配線を変更するなど、大がかりな作業なのでチームを組んで進めます
やり遂げたときの達成感が、仕事の原動力。

やり遂げたときの達成感が、仕事の原動力。

初めてメイン作業者を任されたときは、とても苦労しましたね。メイン作業者は、全体を把握しながらメンバーに指示をする立場。一作業者として指示に従って仕事を行っていたときは大違いでした。言われたことをやるのではなく、自分が主体となって仕事を進めていかなければなりません。関係部署との調整、工期管理、品質管理など、すべての責任を担います。
 
修理・改造が終わると、お客様に確認していただき、引き渡しが完了します。引き渡し後に、当社のヘリポートから飛び立っていく様子を見た時は、仕事をやりきったという大きな達成感を感じました。
「よし、次もいいものをつくろう」。そう思える瞬間です。
 
心がけているのは、どんな仕事でも手を抜かないことです。ヘリコプターが安全に飛ぶことが大前提なので、自分で何度も確認し、完全に納得できるまで細心の注意を払っています。

信頼されるエンジニアを目指す。

信頼されるエンジニアを目指す。

当社の魅力は、自由度が高いこと。仕事のやり方は様々ありますが、自分なりに考えたことをやらせてくれる会社だと思います。
 
業界トップということは当社の強みですが、同時に業界を牽引していくという使命と責任を伴っていると思います。そのため、「新しい技術は当社から発信していく」という気持ちで仕事に取り組んでいます。
 
当面の目標は、一人前のエンジニアになることです。着実に経験を積み、「無線機や電子機器のことなら長谷川に」と言われるようになりたいですね。
 
就職活動と転職活動を経験して感じたのですが、自分で限界を設けずにチャレンジすることが大切だと思います。「この会社は無理だろう」と、挑戦する前から諦めることなく、まずは行動してください。運やタイミングが味方してくれることもあると思います。

この職種につくために

この職種につくために

電子機器に関する知識・スキルなどは、入社してからでも学べます。無線機を扱うことが多いので、航空無線通信士の資格を持っていると有利かもしれません。社会人として最も大切なことはコミュニケーション力。積極的に様々な人と出会い、コミュニケーション力を磨いて欲しいと思います。

SCHEDULE 1日のスケジュール

 

  • 8:30 出社 1日の予定を確認
  • 9:00 部内調整
  • 9:15 格納庫へ行き、担当チームで打ち合わせを行う
  • 9:45 作業開始
  • 12:00 昼食
  • 13:00 作業再開
  • 15:00  次に担当するヘリの修理・改善計画を立てる
  • 17:00 無線機のチェック・調整
  • 18:00 作業場の整理整頓
  • 18:30 退社