メニューを閉じる →

朝日航洋の空間情報サービス、鉄道

鉄道

安全・安心の視点から鉄道事業をサポート

人々の日々の暮らしに直結する鉄道。風雪や雪崩から鉄道を守る森としての鉄道林の維持管理、鉄道沿線の斜面防災モニタリング、鉄道施設全般の安全性評価等を空間技術の活用やセンシング技術で支援します。

鉄道施設管理支援

AHVS・ALMAPSを活用した上空からの調査で鉄道施設管理をサポートします。
調査対象の施設が多く調査範囲が長い鉄道では、上空からの広域検査は極めて有効な手段の1つです。上空から調査することで、営業線を止めることなく状況を把握することが可能です。朝日航洋では、業界No.1の使用実績を元に「現地調査」に匹敵する「ハイビジョン動画映像」を提供し、鉄道施設管理における作業の軽減と安全をサポートします。

鉄道林調査

鉄道林は、強風や土砂崩れによる災害を防ぐための重要な鉄道設備です。鉄道林調査では、鉄道林が健全に機能しているかどうかを調査します。
調査は、状況や規模に応じて空中写真測量と航空レーザ測量による手法を使い分けて実施します。どちらの場合も、森林に詳しい技術者による現地調査を実施し林況を確認したうえで、鉄道林が持つ防災機能評価や伐採計画の指標となる収量比数の算出を行います。

関連システム:

斜面防災

斜面管理では、構造物を含め流域を考慮した斜面全体の高精度な三次元データを必要とします。この答えとして、AHVSで得られたハイビジョン画像とALMAPSで計測された地形モデルを連動させ、傾斜角・斜面方向の解析から具体なハード対策の概略検討に至るまで、広域検査から詳細調査までをトータルサポートします。

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ