地図タイルの活用について

投稿者 keikatsu | 2019.10.16 Wed

地図タイルの活用について

令和元年の9月9日に関東に上陸した台風15号によって千葉県では家屋の損壊や風倒木などの被害が発生しました。朝日航洋では被災地の状況を把握するために航空機による撮影を行い、その結果をWebGISとして公開しています。またこの航空写真をG空間情報センターよりタイル画像として公開しています。

G空間情報センターのタイル画像公開ページ(外部サイト)

データがタイル画像で配信されることによってインターネットにつながっているPCであればQGISで簡単に読み込むことが可能になります。

QGISでタイルを読み込むにはブラウザパネルのXYZ Tilesを右クリックして「新しい接続」を選択します。

そうするとXYZ接続というポップアップが立ち上がるので、「URL」にタイルのURL(※)、「名前」にわかりやすい名称を記載し「OK」をクリックします。

ブラウザパネルのXYZ Tilesのプルダウンメニューに先ほど入力したタイルが追加されているので、これをダブルクリックすると地図にタイルが追加されます。

※上記リンクのG空間情報センターの場合は「詳細」をクリックすると現れる次の画面のタイトルの下に記載されている 「https://tile.geospatial.jp/aeroasahi/t15chiba/{z}/{x}/{y}.png」というURLです。

国内の代表的な地図タイル配信サービス

下記に国内で公開されている代表的な地図タイルの配信サービスを紹介します。

タイルのURLは通常末尾が「{z}/{x}/{y}.png」や「{z}/{x}/{y}.jpg」となってるのですぐ分かります。

なおタイルのご利用に当たっては各サイトに記載されている利用規約・利用条件・ライセンスの遵守をお願いいたします。

地理院タイル(外部サイト)

国土地理院の測量成果をはじめとして各種の地形図や戦前からの空中写真、主題図、災害対応などの情報が幅広く公開されている国内最大のタイル配信サービスです。先ずはこちらから。

20万分の1日本シームレス地質図V2 Web API(外部サイト)

産業技術総合研究所 地質調査総合センターの提供する20万分の1地質図のタイルです。地質図凡例の種類ごとの情報の取得も可能です。

エコリス地図タイル(外部サイト)

植生図や動物の分布などの自然環境に関する様々な情報が公開されています。

富田林市オープンデータ(外部サイト)

自治体の地形図と写真がオープンデータとしてタイルで配信されています。このような自治体がどんどん増えていくと良いですね。

G空間情報センター(外部サイト)

G空間情報センターは、自治体から民間企業、NPO法人など、様々な機関の保有する情報をタイル配信しています。

※リンクはG空間情報センターでタイルデータを絞り込み検索しています。

MIERUNE地図(外部サイト)

オープンストリートマップに独自の表現を加味したスタイリッシュな地図配信サービスです。民間企業が配信していますが、MIERUNE ColorとMIERUNE MONOは無料で利用できます。

このようなタイル配信サービスが増えていくことによって、自分でファイルサイズの大きいデータを用意しなくても、どこでも軽快に地図にアクセスできるようになるのでとても便利ですね。

この他にも便利なタイル配信サービスがあれば追加していきたいと思いますので、情報のご提供をお待ちしております。