メニューを閉じる →

朝日航洋の空間情報サービス、防災

防災

地域防災をコンサルティング

住民の防災意識の啓発と高揚、事業者の説明責任を、空間情報技術を駆使したCG表現などで支援します。地域防災力向上のため、社会情勢や地形・気象条件の調査、GISを活用した訓練や防災計画コンサルティングを自治体単位で展開します。

防災ハザードマップ

住民ワークショップ

災害から地域の人々の命を守るためには、想定被害、避難場所、情報伝達手段等を示した防災ハザードマップを作成し、日頃から周知しておくことが重要です。朝日航洋には、地震、津波、洪水、内水、ため池、土砂災害等のあらゆる防災ハザードマップ作成の豊富な実績があります。
防災ハザードマップを作成する際には、航空レーザデータ等の詳細標高データを利用した被害予測シミュレーションを実施し、既存データを最大限に活用したGISによる編集を行い、避難に必要な情報をわかりやすく表現します。
朝日航洋は、地域の更なる防災力向上のために、防災ハザードマップの配布に加えて、防災ハザードマップ作成時の住民ワークショップ、作成後の説明会等を実施し、地域住民の安全確保向上を目指しています。

  • ハザードマップ作成事例

避難計画

住民参加の「まちあるき」による避難計画の検証

災害時に安全な避難を円滑に行うためには、日頃から避難計画を検討しておくことが重要です。
朝日航洋では、災害対策法の改正に準じて、災害種別ごとに緊急指定避難場所、指定避難所を精査するのはもちろん、GIS利用による要援護者避難計画の検討、地域の実情に合わせた避難判断基準の作成、住民参加の「まちあるき」による危険箇所の確認及び避難計画の検証等を行い、安全・安心な避難計画策定を実施しています。

  • GIS利用による要援護者避難計画の検討

  • 避難判断基準の検討

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ