メニューを閉じる →

大型除草機械によるモグラ(小動物)穴の面的検出システム の実証実験を実施しました|モービルマッピング(MMS)・ドクターヘリなら朝日航洋株式会社

新着情報

2017.02.16 お知らせ

大型除草機械によるモグラ(小動物)穴の面的検出システム の実証実験を実施しました

朝日航洋株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:尾暮敏範)は、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」に指定されている『大型除草機械によるモグラ(小動物)穴の面的検出システム』の実証実験を、SIP地域実装支援チームである岐阜大学様の主催により平成29年2月8日(水)におこないました。

実証実験は、国土交通省木曽川上流河川事務所様のご協力のもと岐阜県大垣市の揖斐川でおこなわれ、管理者をはじめ多数の河川技術者に当技術を見学していただきました。

朝日航洋では、これからも地理空間データの提供を通じて皆様のお役にたてるよう、努力してまいります。

 
  • 現地説明会の様子_1 現地説明会の様子_1
  • 現地説明会の様子_2 現地説明会の様子_2
SIP:戦略的イノベーション創造プログラム
総合科学技術・イノベーション会議が自らの司令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野の枠を超えたマネジメントに主導的な役割を果たすことを通じて、科学技術イノベーションを実現するために新たに創設するプログラムです。【内閣府ホームページより

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ