メニューを閉じる →

平成26年9月 御嶽山噴火に伴う空中写真の解析について|ドクターヘリ・空撮・UAS・インフラ関連なら朝日航洋株式会社

新着情報

2014.09.27 災害調査支援

平成26年9月 御嶽山噴火に伴う空中写真の解析について

 2014年9月27日正午前、長野県と岐阜県にまたがる標高3067mの活火山、御嶽山が突然噴火を開始し、山頂付近に居合わせた多数の登山客が死傷する大惨事となりました。亡くなられた方のご関係の皆様には謹んでお悔やみ申し上げますとともに、行方不明の方のご関係者の皆様には一刻も早い発見を、負傷された皆様におかれましては、一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

 朝日航洋株式会社(代表取締役社長:立野良太郎、本社:東京都江東区)では、一般社団法人共同通信社撮影の空中写真に対し特別な画像処理(シャドースコープ[当社にて特許出願中])を行うことにより、撮影条件が良いとは限らない速報写真から、より詳しい情報を判読することができるようになりました。

 例えば、撮影時は、写真1に示すような高く上がった噴煙による濃い日陰や、噴煙から降り注ぐ火山灰による視界の悪さにより、細部が判読できない写真が多くみられました。そこで、日陰に対し補正処理を実施したところ、処理前の写真(写真3)に対し、写真4のように噴石や噴石の落下で形成されたクレーターの形状が明瞭に判読できるようになりました。
 また、漂う火山灰によって視程が悪くなっている写真に補正処理を実施したところ、処理前の写真(写真5)に対し、写真6のように山小屋周辺の斜面の状況等が判読できるようになりました。
 さらに、処理前の写真(写真7)に対し、写真8のように噴煙の前面を飛散する噴石群が判読できる可能性があることもわかってきました。

 このように、シャドースコープ画像補正処理の結果、防災上有用な情報等を判読できるようになることがわかりました。
 朝日航洋株式会社は、今後とも、空間情報技術を活用し、災害時に有用な情報をいち早くご提供できるよう努力してまいります。
  • 写真1 写真1
  • 写真2 写真2
  • 写真3 写真3
  • 写真4 写真4
  • 写真5 写真5
  • 写真6 写真6
  • 写真7 写真7
  • 写真8 写真8
◆著作権について
当ページで公開している文書及び画像の著作権については、全て朝日航洋株式会社に帰属します。
当ページで公開している文書及び画像を無断で転載、複製、販売、出版、公開等に使用しないでください。

◆免責事項について
当ページの公開にあたり、正確な情報をご提供するよう細心の注意を心掛けておりますが、内容の正確性・妥当性についての責任は一切負いませんので、予めご了承ください。
当ページで公開している文書及び画像を利用することにより、利用者に生じた全ての損害について責任を負いかねます。
当ページで公開している情報が、明らかに間違っている場合は訂正、削除等の処理を行いますので、お手数をお掛け致しますが下記までご連絡をお願い申し上げます。

◆お問い合わせ先
朝日航洋株式会社 空間情報事業本部営業企画部
〒350-1165 埼玉県川越市南台3丁目14番地4
電話番号:049-244-4817
FAX番号:049-246-7299
 

メニューを閉じる

航空事業から選ぶ航空事業から選ぶ

メニューを閉じる

空間情報事業から選ぶ空間情報事業から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ目的から選ぶ