メニューを閉じる →

当社ヘリコプターで災害時の医療材料等輸送訓練を実施しました|モービルマッピング(MMS)・ドクターヘリなら朝日航洋株式会社

新着情報

2018.12.25 お知らせ

当社ヘリコプターで災害時の医療材料等輸送訓練を実施しました

 朝日航洋株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:尾暮敏範)は、ヘリコプターの機動性を活かし、エム・シー・ヘルスケア株式会社(以下、MCHと云う)のBCP訓練に協力いたしました。訓練は、災害時に陸路が寸断された場合を想定し、当社ヘリコプター(シコルスキー式 S-76型機)を用いて医療材料等を関係病院へ継続供給する想定で実施されました。

 訓練当日の11月18日、MCHの主要物流拠点から最寄りとなる当社の運航拠点(東京ヘリポート)へ医療材料等が持ち込まれたところからスタート。ヘリコプターにより東京ヘリポートを離陸後、焼津港場外離着陸場へ輸送いたしました。その後、MCHの輸送車へ医療材料等を積み替え、焼津市立総合病院(静岡県焼津市)へシームレスに輸送が完了しました。当社ヘリコプターが東京ヘリポートを離陸してから、わずか90分程度で焼津市立総合病院への医療材料等の納品が完了したことになります。

​ 当社としては、災害時においても病院等重要な社会基盤の事業継続をご支援できるよう、平時からお客様と共に万全の体制を構築していきたいと考えております。
 今後もヘリコプターやビジネスジェット(プライベートジェット)機などの航空機を安全に運用することにより、社会の役に立ち続けてまいります。

※医療材料等輸送訓練に関する詳細はエム・シー・ヘルスケア グループHPをご覧ください。
※当社で展開しているビジネスジェット(プライベートジェット)機のチャーターについては下記リンク先をご覧ください。
■本件に関するお問い合わせ先:
  朝日航洋株式会社 営業統括部 TEL 03-3522-0647

■報道機関からのお問い合わせ先:
  朝日航洋株式会社 企画室 TEL 049-245-2548

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ