メニューを閉じる →

関東地方整備局災害対策用ヘリコプター「あおぞら号」の見学会が開催されました|モービルマッピング(MMS)・ドクターヘリなら朝日航洋株式会社

新着情報

2018.04.20 イベント

関東地方整備局災害対策用ヘリコプター「あおぞら号」の見学会が開催されました

朝日航洋株式会社(本社:東京都江東区、代表:尾暮敏範)の航空本社格納庫で4月18日、国土交通省関東地方整備局の災害対策用ヘリコプター「あおぞら号」の新型機種への更新に伴う報道機関向け見学会が開催されました。
災害対策用ヘリコプターは、災害発生における災害状況を正確かつ迅速に把握するため、機動的かつ広域的な情報収集を行う専用ヘリコプター。大規模災害時の被災現場の情報収集や復旧活動に要する航空写真撮影、災害対策要員の迅速な搬送等での活躍が期待されています。
当社は安全・安心な運航・整備をご提供することで、国土安全に貢献してまいります。
 
〔新あおぞら号〕
 愛称   あおぞら号
 耐空種別  回転翼航空機 輸送TA/TB級
 国籍番号および登録番号  JA83KT
 航空機型式  レオナルド式AW139型
 製造国  イタリア共和国
 最大搭乗者数  13名(操縦士、整備士、撮影技士含む)
 最大巡航速度  240km/h
 最大航続時間  4時間50分
 運用開始時期  2018年4月1日
 運航会社  朝日航洋株式会社

 
  • ※見学会の様子  ※見学会の様子 
  • ※見学会後、フライト前の様子 ※見学会後、フライト前の様子
■本件に関するお問い合わせ先
 東日本航空支社第一営業部
 TEL03-3522-0646

 

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ