メニューを閉じる →

朝日航洋のセスナ式208型

人財と機財

セスナ式208型

デジタル航空カメラ(DMCⅡ)を搭載

デジタル航空カメラ(DMCⅡ)を搭載

主な用途
搭載量/Useful load 550Kg
最大搭乗者数/Passenger 9
航続時間/Endurance 7h
エンジン/Engine 単発ターボプロップ

この機財を支える人財

高品質の航空写真を撮ります

計測コンサルタント部
五十嵐

主にこのような業務を担当しています!

DMC(デジタル航空カメラ)やRC30(アナログカメラ)を使用して国内各地の垂直写真を撮影しています。

この機体との関わり

この機体で2004年10月のDMC1号機導入時から全国を一緒に飛び回っています。

いつも心がけていること

垂直写真は基本的に雲ひとつ無い好天時に撮影することが求められますので、限られた撮影チャンスを逃さずに出来るだけ早くお客様に納品できるよう心がけています。

天候相手の仕事ですので時には気流が悪かったり、視界が悪い時もあります。どんな場合でも安全を優先して撮影を実施します。

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ