メニューを閉じる →

朝日航洋のSonic2024・GeoSwath Plus(スワス測深システム)

人財と機財

Sonic2024・GeoSwath Plus(スワス測深システム)

一度に広範囲で面的な海底や 河床等の地形の把握が可能

多様な測深機を保有している強みを生かし、
お客さまのご要望に全力でお応えします。

 

SeaBat8101

測深能力が高く、中深海(水深300メートル)までの海域が探査可能になります。
従来のシングルビームと異なり、高密度に取得した面的データは全てデジタル処理で行われます。


GeoSwath Plus
1.スワス(探査)幅が拡大(水深比 最大12倍)し、作業効率が大幅に向上します。
2.サイドスキャンデータ(水底面の音響反射映像)が同時に取得できます。
3.スワス角が最大240度となり、浅海域部では水際付近までのデータ取得が可能になります。
4.データ密度が高いため、データの信頼性が高くなります。

主な用途
音響測深
発振周波数 Sonic2024:200~400kHz
SEABAT8101:240KHz
GeoSwath Plus:125kHZ
レンジ分解能 Sonic2024:1.25cm
SEABAT8101:1cm
GeoSwath Plus:6㎜
測深ビーム方式 Sonic2024:クロスファンビーム(ナローマルチビーム)
SEABAT8101:クロスファンビーム(ナローマルチビーム)
GeoSwath Plus:インターフェロメトリー
フットプリント Sonic2024:0.5°×1°(400kHz)
SEABAT8101:1.5°×1.5°
GeoSwath Plus:0.9°方位(往復ビーム幅)
スワス角 Sonic2024:10°~160°
SEABAT8101:150°
GeoSwath Plus:240°
ビーム数 Sonic2024:256
SEABAT8101:100
GeoSwath Plus:-
最大測深レンジ Sonic2024:500m
SEABAT8101:500m
GeoSwath Plus:200m(測深可能最大水深)

この機財を支える人財

海洋調査により
地球の未来に役立ちたい

東京空情支社技術センター
計測技術部 河川・海洋グループ
W.キッティサック

主にこのような業務を担当しています!

河川・海岸にて深浅測量の全般を実施しています。ナローマルチビームによる海岸の詳細測量業務、ダムの堆砂測量などデータ収録・データ解析を担当しています。また、最近ODAにより、海図策定支援等海外においての水路測量の技術移転の講師も担当しています。

この機体との関わり

ちょうど入社当時と共に新しい機材が導入する時期でした。それから機材に使用した現場のデータ収録から事務所でデータ解析と地図・成果品作成するまでをフルサイクルに携わり、新しい機材も含む現在に至っています。

いつも心がけていること

「安全」・「効率」・「品質」という作業のジレンマから実行錯誤でベストな答えを模索しています。人員・時期・場所の状況を把握し、バランスを取って、作業を進んで行くといつも心がけています。

人類にとって「海洋」という未知の領域である限り、調査するための技術発展は欠かせないものです。一方、若い世代の人材への技術伝承・育成も、重要点になると思っています。それで少しでも役に立てたら良いと思っています。

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ