メニューを閉じる →

朝日航洋のAHVS(空中ハイビジョン計測システム)

人財と機財

AHVS(空中ハイビジョン計測システム)

ヘリコプターに搭載したハイビジョンカメラにより、あらゆるシーンで自由自在に高解像度の映像を取得可能

AHVS(空中ハイビジョン計測システム)は、高解像度のハイビジョン映像を空中からの自由な視点から取得する画期的な映像計測システムです。迅速に広範囲の情報収集ができ、GPSとリンクさせているため、現場の位置情報なども同時に収録することができます。送電線撮影や斜面・法面撮影等で実用化されています。
・HDTVカメラ
・カメラレンズ
・カメラコントロールユニット
・防振架台(カメラスタビライザー)
・ナビゲーションシステム
・制御PC、収録PC

主な用途
ハイビジョン撮影(自動追尾)

この機財を支える人財

社内の開発部門と共に
未知の業務に挑戦したい。

西日本空情支社
地理情報部 地理情報2グループ
秋山

主にこのような業務を担当しています!

ヘリコプターに搭載したハイビジョン撮影計測システムにより撮影した画像の解析を担当しております。主に、ハイビジョン撮影計測システムは、架空送電線の点検等の社会インフラの維持管理に利用されております。損傷が懸念される架空送電線に負荷をかけることなく点検ができ停電作業も不要なため、お客様より高い評価を頂いております。

この機体との関わり

当社のハイビジョン撮影計測システムの長所は、架空送電線を自動的に追尾して効率的に撮影できる自動追尾機能と、レーザー測距儀を搭載して安全な撮影が行える手法が挙げられます。これらの機能をより一層改善し、電力網の維持管理に役立つことが出来ればと考えております。

いつも心がけていること

常に、乗員とのコミュニケーションをとり安全運航を心掛けております。そのため、計測前の現地調査やミーティング等を実施して、安全運航に努めております。

より一層の効率化および安全運航に心掛け、社会インフラの維持管理に貢献できればと考えております。

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ