メニューを閉じる →

朝日航洋のS-76

人財と機財

S-76

流麗な外見と静かな機内が特徴の機体。旅客輸送に最適。

主な用途
・旅客遊覧
報道取材
海洋開発支援
放射能測定
搭載量/Useful load: 1000kg~1500kg
巡航速度/Cruising speed 190km/h~240km/h
最大搭乗者数/Passenger: 13
航続時間/Endurance: 3.0h
エンジン/Engine: 双発/Twin

この機財を支える人財

安全・安心・快適!
お客様の視点で設計を行っています。

航空事業本部  整備統括部 設計・開発室
保科

主にこのような業務を担当しています!

報道取材、物資輸送等の運航目的に合わせてさまざまな装置の搭載検討を行っています。
お客様との装備仕様調整、3D-CADによる設計・製図、強度検討、装備品メーカー・現場スタッフとの調整、国土交通省航空局への説明・提出書類の作成と多岐にわたります。

この機体との関わり

独り立ちして、初めて担当したのがこの機種です。航空局への事前説明で緊張のあまり頭が真っ白になっていたところ、航空局検査官から「一緒にいい物を作っていきましょう!!」と言って頂いた言葉が、自分の教科書であり宝物です。

いつも心がけていること

私たち設計部門では、お客様や現場スタッフの要望を形にすることです。常に周りの状況を把握しながらお客様・現場の声に耳を傾け、将来にわたり安全・安心・快適に運航出来る設計を心掛けています。

直接フライトオペレーションに携わることは無いのですが、設計に携わった機体を見るたびに、仕事の重要性を感じます。日々お客様の笑顔を想像しながら、朝日航洋の特色である運航経験を活かしたお客様の視点で設計を行っています。

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ