メニューを閉じる →

朝日航洋のヘリコプターを活かした上空からの広域調査

調査・視察・送電線巡視

ヘリコプターが可能にする上空からの広域調査
調査・視察

ヘリコプターの特性を活かしたホバリング(空中停止)や低速飛行により、山岳地域などの広範囲にわたる調査、上空からの視察飛行の用途にご利用いただけます。朝日航洋のレーザ装置を使用して、地上高の情報を高精度、高密度で計測することも可能です。
また、ハイビジョンカメラで送電線の電線1本1本の破損、破断をクリアに撮影し、保守に役立てる架空線点検業務など、測量から保守点検に至るまで多岐に渡ったサービスを提供しています。

森の緑を保全する 薬剤散布

航空レーザ計測

航空レーザ計測

ALMAPSにできること

ALMAPSは、航空機に搭載したレーザ測距装置を使用して地表面の三次元座標を計測するシステムです。機動性の高いヘリコプターを使用することで、山岳においても0.3m間隔でデータ取得ができます。高精度デジタルカメラも併用したALMAPSは、完全自動化で簡易オルソ画像が作成できます。ファーストパルス、中間パルス、ラストパルスを同時計測できるので、樹木抽出調査など多彩な応用ができます。

航空レーザ計測について →

ハイビジョンカメラによる映像計測

航空レーザ計測

安全性の確保とともに、
動画映像による「判りやすさ」を実現

AHVSは、ハイビジョンカメラをスタビライザーに搭載することで、上空からの安定したHDTV映像を収録することができます。撮影時に飛行位置や撮影方法を記録することで、収録された被写体までの距離や確度が正確に特定できます。一般撮影はもとより、調査解析が必要な応用撮影まで幅広い分野でご利用いただけます。

航空撮影について →

調査・視察に関するご依頼、ご質問等どうぞお気軽にお問い合わせください。

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ