メニューを閉じる →

朝日航洋のヘリコプターによる放射能測定

調査・視察・送電線巡視

さらなる安心を求めて
放射線測定

2011年に起きた東日本大震災の影響で、広い範囲に拡散した放射性物質による放射線量の分布状況を中長期的に把握するため、朝日航洋のヘリコプターが活躍しています。政府の重要課題である震災復興のため、朝日航洋では海外で実績のある各種の測定機材を搭載し、北は北海道、南は沖縄まで日本全国の放射線測定業務のお手伝いをしています。

森の緑を保全する 放射線測定

調査・視察に関するご依頼、ご質問等どうぞお気軽にお問い合わせください。

メニューを閉じる

事業内容から選ぶ 事業内容から選ぶ

メニューを閉じる

目的から選ぶ